ジャニーズ事務所は2日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため医療従事者を支援する『Smile Up!Project』の一環として、日本看護協会に約4900万円を寄付したと発表した。

【画像】『ONE PIECE』×木村拓哉×亀梨和也のLINEスタンプ ルフィの「ちょ待てよ!!」など

 同事務所は「昨年6月から12月までの6か月間、LINEスタンプによる支援活動を実施いたしました。これは、参加した所属タレントオリジナルのLINEスタンプを制作・販売し、その収益を医療従事者の皆さまのご支援のためにお届けするという活動となります」と説明。「そして、今回につきましては、看護師の皆さまをご支援するため、日本看護協会様に寄付いたしましたことをご報告申し上げます」と伝えた。

 今回の寄付について「昨年末、日本看護協会様に設立させていただきました『Johnny’s Smile Up ! Project基金』につきましては、看護師の皆さまの未来にお役立ていただくためのご支援となりますが、今回は、コロナ禍におきまして、最前線でご尽力くださっている看護師の皆様をご支援するためのものとなります」している。「これまでの支援活動を通じて、看護師の皆さまの現状に触れる機会をいただき、目の前にある課題の解決と未来に対して希望が持てること、この両面でお役に立つことはできないかと考え、先述のご支援に至りました」とした。

 「コロナ禍におきましては、医療従事者の皆さまへのご支援を継続的に行い、現場の最前線で患者さまと向き合いながらご尽力くださっている看護師の皆さまへのご支援に注力させていただきました。この度のご支援が叶いましたのは、皆様がLINEスタンプによる支援活動にご賛同くださったことによるものと、心より御礼申し上げます」と謝意を伝えた。

 同事務所は、昨年6月に関ジャニ∞初の公式LINEスタンプ『関ジャニ∞ スマイルアップスタンプ』を発売。また同年8月に漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏、俳優の木村拓哉、KAT-TUNの亀梨和也によるLINEスタンプ『ONE PIECE×スマイルアップスタンプ』、同年9月にV6のLINEスタンプ『V6×スマイルアップスタンプ』を発売した。