ラジオ日本では、日本テレビアナウンサー出演による『日テレアナ・ザ・ワールド!』(毎週土曜日 後10:30)を3日よりスタートする。個性あふれる先輩・後輩コンビが毎週替わりで登場する同番組。初回には入社24年目のラルフ鈴木アナウンサー、入社11年目の徳島えりかアナウンサーがパーソナリティを務める。

【写真】「ロン毛!?」「細すぎ!!」森アナ&水卜アナの学生時代の姿

 同番組は、ラジオ日本と日本テレビアナウンス部がタッグを組んで、人気番組や注目映画、イベント、Huluの最新情報を、日テレアナウンサーの軽快なトークと共に届けるラジオトークバラエティー。フリートークはもちろん、“自身の思い出の1曲”を紹介するコーナーも予定している。

 フリートークでは、各アナウンサーが担当する番組の裏話や取材でのエピソードなど、このラジオでしか聞けない情報も。また、基本的な収録スタイルは“30分1本勝負”の疑似生放送形式で行い、ドキドキハラハラな雰囲気を味わえるノンストップラジオSHOWとなっている。

 初回収録を終えて、ラルフアナは「緊張しました!」の一言。「普段は、台本や原稿をもとにお仕事することが多いのですが、今回はフリートークということで、なかなかない貴重な体験でした。アナウンサーにとっては素晴らしいチャンスをいただいたと思っています!」とベテランながらに新鮮味を感じたよう。

 徳島アナは「とにかく楽しかったです!普段どれだけ映像に頼っていたのか、新しい課題を突き付けられたところはあるのですが、アナウンス部の先輩・後輩で30分お喋りできて、それがお仕事になるなんて幸せです!」と満足げに感想を明かしている。