俳優の坂口健太郎が2日、都内で行われた映画『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』初日舞台あいさつに登壇。初出演ドラマが劇場版となるまでになり、感慨を語った。

【全身ショット】スリットから美脚スラリ…美しいスタイルで登場した吉瀬美智子

 韓国の同名ドラマをリメイクした同作は、2018年4月期に連続ドラマとしてフジテレビ系で放送。謎の無線機が“現在”と“過去”2人の刑事をつなぎ、ともに未解決事件を解決していく設定や、時空を超えて複雑に絡み合う骨太な人間ドラマで人気を集めた。

 映画は、連ドラ後のエピソードを描いたオリジナルストーリー。“過去”に生きる刑事と通信しながら、未解決事件を解き明かそうと奮闘する“現在”の刑事・三枝を坂口、時代を超えて三枝の相棒となる“過去”に生きる熱血刑事・大山を北村一輝、三枝が所属する警視庁・未解決事件捜査班の班長で、大山のかつての後輩で想いを寄せる桜井を吉瀬美智子が演じる。

 ドラマ、SPドラマ、そして劇場版と作品が成長していき、坂口は「無事に公開することができました。長い間、三枝という役をやらせていただいた。こんなに長期間、携わることはなかったので僕自身の中で特別な作品となった」としみじみ。「連続ドラマがあって、スペシャルドラマがあって、劇場版。エネルギーとか熱量を注いだ作品だった。こういう時代の中だけど公開できるのは、すごくうれしい。こういう作品を一緒に作ってくださった、いろんな方に感謝したいですね」と感謝を口にした。

 そして「ドラマでシリーズものの作品はある。でも、長期間にわたって1人の役を演じることはなかった。これからも、なかなかないと思うし、それが初めて主演をやらせていただいた作品。恵まれたありがたい経験だなと作品を撮りながら思いましたね」と『シグナル』という作品への思いを語っていた。

 舞台あいさつには、北村、吉瀬、奈緒、伊原剛志、橋本一監督も参加した。