大手芸能事務所・アミューズは、山梨県・富士山麓に新たな拠点となる「アミューズ ヴィレッジ」を創設し、7月から同所に本社を移転することを1日、発表した。現所在地の東京都渋谷区のオフィスと並行して運用し「自らの創造的な再構築を目指して参ります」としている。

【写真】「アミューズ ヴィレッジ」のコンセプトは「UPCYCLE LIFE」

 「アミューズ ヴィレッジ」(山梨県南都留郡富士河口湖町西湖)は、世界文化遺産の富士山麓の大自然のもと、「UPCYCLE LIFE」をコンセプトに、「心身の浄化」「原点への回帰」「自然との共生」「常時接続からの解放」を通じて、「新時代の文化を世界へ発信」することを目指す。

 敷地面積は8880平方メートル。屋外エリアと屋内エリアを複合した施設で、執務スペース、会議室、食堂、宿泊施設、レッスンルーム、撮影ルーム、映像編集ルーム、多目的ルームなどを完備する。オフィスとしての本運用は2021年7月からを予定している。現在の渋谷のオフィスも、減床するものの継続使用。ファンレターやプレゼントのあて先は従来どおりとしている。

 同社は「2021年を当社の"新創業期"と位置づけ、大きな変革を起こして参ります。新たな一歩を踏み出すアミューズグループにどうぞご期待ください」と決意表明している。