1967年10月2日の放送開始から、今年の秋で55年目を迎えるニッポン放送の人気ラジオ番組『オールナイトニッポン(ANN)』。同局の平日の深夜0時台が10年ぶりに大型改編されることに伴い、若者をメインターゲットとした『ANN』『ANN0』に続く“第3のANN”として、この春から新たなブランド『ANNX(クロス)』(月~金 深0:00~0:53)を立ち上げる。月曜から順にENHYPEN(エンハイプン)、YOASOBI、フワちゃん、ぺこぱ、金曜は週替りのパーソナリティーが担当することになったが、ORICON NEWSでは、水曜と木曜の2組にインタビューを敢行。木曜を担当するぺこぱは、ラジオレギュラーへの思い、レギュラーでやりたいことなどを語った。

【動画】YOASOBI・AyaseがANN新オープニング曲アレンジ

■松陰寺がラジオの魅力を力説 週に1度、向き合って話せる場の意義

――お2人は、これまでどんなラジオを聞いてこられましたか?

【松陰寺太勇】芸人さんのラジオだと、やっぱりオードリーさんと有吉弘行さんですね。有吉さんのラジオは「あんまり言うんじゃないよ」って怒られてしまいそうですが(笑)。あとは、トム・ブラウンとかAマッソとか割と近い芸人が単発で『ANN0』をやるっていう時とか、芸人以外だったら、『飯田浩司のOK! Cozy up!』も聞いています。耳だけで情報を得るって、時間の有効活用にもなるので、ぜひみなさんもブルートゥースイヤホンを買って、試してみてください。聞いてみたら人生変わります。

【シュウペイ】僕はそれほど聞いてこなかったのですが、小さい頃は『堀内健とビビる大木のオールナイトニッポン』(2003年~04年)が好きでした。最近だと、三四郎さんを聞いていますね。でも、やっぱり松陰寺さんの方がラジオが好きなので。松陰寺さんより、聞いているラジオは圧倒的に…(言い直して)「圧倒的―!!」に少ないんですけど。

【松陰寺】今言い直したよね(笑)。

――週に1度、お互いのことを話せる場としても貴重なものとなると思います。

【松陰寺】お仕事をしていても、2人ともコメントを振られるところは別ですし、漫才をやる機会もそんなにないので、ちゃんと面と向かって2人でラジオができるって、僕らにとっても大事な時間だなと感じています。

【シュウペイ】面と向かうことってないですよね。テレビでも漫才でも横同士なので、唯一週1で向き合うのがラジオっていうことなので…って、何の話でしたっけ(笑)。

【松陰寺太勇】今のコメントで合ってるよ(笑)。

【シュウペイ】良かった(笑)。そういう意味では貴重な場ですね。

――エピソードトークなども必要になってきますが。

【松陰寺】今、何にもできないんですよね。外出もできないですし、オフもアクティブに動けなくて、家のことを整えたりなので、これが決まったことをきっかけに、ギアを上げていこうかなと。シュウペイさんはいろんなところに行って、エピソードもあるんだろうなと思うんですけど、僕は本当になくて(笑)。家と現場の行き来か犬の散歩くらいなので、タイトルだけで「おっ」って、みなさんに食いついてもらえるものを持っていない現状です。

【シュウペイ】新しいことを見つけるとか大変だと思うんですけど、変に力まずやったほうがいいかなと。プライベートももっと活発に、私生活でも何か起きないかなと、アンテナを張っておきたいですね。この1週間に何があったんだろうって、リスナーのみなさんにも楽しみにしてほしいです。

■恩人・TAIGAの話題で大盛り上がり 総理大臣のゲスト出演プランも?

――お2人といえば『オードリーANN』でもおなじみのTAIGAさんとの関係も深いですが、今回の『ANNX』については話されましたか?

(2人そろって爆笑)
【松陰寺】まだ伝えてないですね。ちょっと、ゲストとか、どうだろうな?

【シュウペイ】(食い気味に)呼ばないです(笑)。

【松陰寺】ワッハッハ(笑)。

【シュウペイ】もったないでしょう(笑)。

【松陰寺】もったないって、どういうことだよ(笑)。

【シュウペイ】まぁー見学くらいだったらいいですよ。なんか言っているけど、よく見たらTAIGAさんじゃんみたいな。1時間のために一言しゃべらせてあげるとか。出たいんだったら、コーナーとかにネタメールを送ってきてもらって、実力で出てもらいたいですね(笑)。

【松陰寺】師匠なのに(笑)。今度、会う機会があったら、正式にお伝えしたいと思います。「おーお前らもついにラジオか」って言ってくれるかな。あえて「ラジオ生放送をやる上で、これだけは気をつけた方がいいっていうことを3つ教えてください」って聞いてみて、それを『ANNX』の放送で発表しよう(笑)。

【シュウペイ】松陰寺さんには、そのトークを30秒でまとめてもらって、それに対してオレらはまったくコメントせずにCMにいって、次のコーナーでも受けをやらないっていうことにしよう(笑)。

【松陰寺】いや、答えてやろうぜ(笑)。

――呼んでみたいゲストの方はいらっしゃいますか?

【松陰寺】いろんな番組に出させてもらって、共演することも多いんですけど、実際深く込み入った話ってできなくて、終わった後も「ありがとうございました!」っていう感じなので、共演は多いけど話したことがないみちょぱ(池田美優)とか話してみたいですね。

【シュウペイ】芸人だけでなく、他ジャンルの方とも絡んでいきたいですね。明確にはないんですけど、普段話せないような、総理大臣とかにも来ていただきたいですね(笑)。「どうもシュウペイでーす! 僕らのこと、知ってますか?」って。

――番組を楽しみにしている、リスナーのみなさんにメッセージをお願いします。

【松陰寺】本当にリスナーのみなさんと、僕たちが一緒になって楽しめる番組にしたいと思っていますので、その日のコーナーメールやネタメール、どしどし応募してきてください。

【シュウペイ】(いつものハイテンションで)みなさん、おまたせしましたー。『ぺこぱANNX』一緒に作っていきましょうー。楽しみにして、おくんなましー!

【松陰寺】これをどう記事にするか、僕は楽しみに待っています(笑)。

●ぺこぱ
シュウペイと、松陰寺太勇によるお笑いコンビ。2019年12月に行われた『M-1グランプリ2019』で決勝に進出。以降は、数々のバラエティー番組にも出演し、テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが昨年12月に発表した昨年の出演本数と比べた「増加番組数」による『2020ブレイクタレントランキング』では、1位に輝いた。