日本テレビでは、25日からの1週間で「真夜中のお笑いたち」として4つの新しいお笑い特番を放送。第1弾「黄色いサンパチ」、第2弾「コントミチ」に続いて、第3弾は、宮下草薙・草薙航基と四千頭身・後藤拓実の仲良し2人が羽を伸ばすために向かう1泊2日のガチプライベート旅行「ハネノバス」を放送された(深1:35)。

【番組カット】ドミノ倒しに奮闘する草薙&後藤

 昨年11月に「ハネノバス」第1弾を放送。出演者2人・スタッフ2人の少人数で後藤の愛車でドライブを楽しみ、温泉に入り、釣りをするという、のんびりした2人のロケが大好評となった。

 今回は“巣ごもり”ということで、2人が訪れたのは、横浜ロイヤルパークホテルの1泊70万超えの豪華ロイヤルスイートルーム。豪華な絨毯や大きなベッドにはしゃぐ2人の姿が見られるのも「ハネノバス」ならでは。ドミノ倒しでは、何度も自ら倒してしまうストレスを「大声を出す」という方法で解決。「ドミノの笑いの取り方はケンカだけじゃない」と、一心不乱にドミノを進めていく。

 出演者2人・カメラも1つしかないロケながら、なぜか目が離せない魅力たっぷりの同番組。後藤が「この番組を終わらせたくない」と語ったように、第3弾に期待が集まる。