俳優の大泉洋が主演する映画『騙し絵の牙』(公開中)の公式ホームページやSNSが、まるでヴァンパイア映画のようなビジュアルに変更された。キャッチコピーも「今宵、あなたをお迎えにあがります。ヴァンパイアと人間の存亡をかけた運命の戦いがはじまる!」となり、もうすっかりヴァンパイア映画。エイプリルフールの4月1日に限り、“牙”をむき出しにしたヴァンパイアとなった大泉たちに騙されて。

【写真】映画『騙し絵の牙』本物のポスタービジュアル

 あす2日には、本来の出版社を舞台に仁義なき騙し合いバトルを繰り広げる本作のコピー「軽妙でコミカルな会話劇×組織とのスリリングな攻防×崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる、大泉洋×吉田大八×オールスターキャストが贈る、逆転連発エンターテイメント」に戻る。

 3月26日に公開された本作は、「罪の声」の作家・塩田武士氏が、大泉を主人公にあて書きした小説を、大泉の主演、吉田大八監督(『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』)により実写映画化。ほかに、松岡茉優、佐藤浩市、宮沢氷魚などが出演している。公開初週の土日2日間で動員8万8000人、興行収入1億2000万円をあげ4位(邦画実写作品では1位)に初登場した。