『少女革命ウテナ』など日本のアニメシーンに革命を起こした奇才・幾原邦彦監督が手掛けたオリジナル作品『輪るピングドラム』のTV放送10周年を記念したプロジェクトが始動した。第1弾として、劇場版『Re:cycle of the PENGUINDRUM』の制作が発表された。

【画像】陽毬ら高倉家3きょうだいの描き下ろしイラスト

 2011年7月にTV放送されたオリジナルアニメ『輪るピングドラム』。星野リリィ原案による個性的なキャラクターたちや、「ピングドラム」とは何なのか?という謎が謎を呼ぶ展開、クリスタルワールドなどの独特のビジュアルを使用した世界観で、放送当時大きな話題を集めた。

 やくしまるえつこメトロオーケストラとCoaltar of the deepersによる主題歌をはじめ、劇中キャラクターのトリプルHによるARBのカバー曲など、音楽面でも高い評価を得ており、今でも多くのアニメファンの間で語り継がれている。

 この度、テレビ放送から10年という節目の2021年に、10周年プロジェクトをスタートすることが発表された。発表にあわせて、10周年のアニバーサリーロゴと星野リリィ描き下ろしの”プリンセス・オブ・ザ・クリスタル”のイラストが公開され、特設サイト(https://penguindrum10th.jp)もオープンした。

 10周年プロジェクトの第2弾として応援クラウドファンディングの実施も決定。クラウドファンディングは、専用サイト「うぶごえ」にて4月8日よりスタートする。

 幾原監督は「あれから、僕たちの世界はどうですか? 今も多くの方々から『輪るピングドラム』のことをお聞かせ頂いています。未だ、心の中にキャラクターたちが生きていてくれている事が嬉しいです。ぜひ、この10周年も一緒に、同じ時代を――生存戦略しましょうか」と呼びかけている。