元サッカー日本代表・北澤豪が、4月2日に配信されるHuluオリジナル『マイルノビッチ』(毎週木曜 深0:00)最終回(第8話)に出演する。北澤は、桜井日奈子演じる主人公・まいるの恒例の妄想シーンで“解説者”として本人役として登場する。

【場面カット】神尾楓珠が真剣な表情を魅せるメイクシーン

 累計発行部数が350万部超えの漫画家・佐藤ざくり氏による『マイルノビッチ』を実写化した今作は地味でモテない女子高校生・木下まいる(桜井)が、メイク術を持つイケメン・熊田天佑(神尾楓珠)のプロデュースで変身し、“本当の愛”を見つけるまでを描く恋愛下克上ラブコメディー。

 これまでも、“激論討論会”“ニュース番組”“恋愛リアリティーショー”と数々の妄想劇場を繰り広げてきたまいるの想像力が最終回でも爆発。天佑にフラれ、合コンに繰り出すことになったまいるが『第2回合コン選手権大会』で北澤を招き、実況中継を繰り広げる。

 北澤はドラマ本編で「選手たちは久しぶりの試合ですからね。緊張感が伝わってきます。」「フラットで向き合ったシステムですけれども、誰が最初に仕掛けるかですよね。」「ポジションチェンジですね。一気にチャンスがやってきましたよ。」とサッカーの試合さながらの解説を披露。桜井と北澤のコミカルなやりとりに注目だ。

 最終話では自分の気持ちに気付き、とうとう天佑に「私、天佑先輩が好き」と告白したまいる。しかし、恋愛関係にはなれない、と天佑に断られてしまう。そして天佑には、新たな仕事のチャンスが訪れ、海外へ旅立ってしまうことに―。失恋のショックを抱えながらも、これまで自分を支えてくれた天佑のために独り立ちをしようとするまいるだったが…。天佑のメイクの力によって生まれ変わり、数々の恋愛を経験したまいる。外見だけでなく、心も成長した彼女が最後に見つけ出した答えとは。