アニメ『ドラえもん』スネ夫役、『鬼滅の刃』風柱・不死川実弥役などで知られる声優・関智一(48)が、4月15日放送スタートの俳優・玉木宏主演のテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜、後9:00)に出演することが29日、発表された。関はテレビアニメ版、玉木は実写ドラマ版で、『のだめカンタービレ』の主人公・千秋真一を演じており、“千秋先輩”共演の実現に、『のだめ』原作者の二ノ宮知子氏は自身のツイッターを更新し、「会うのかな?!」と反応した。

【ドラマの場面写真】黒いスーツを着こなす刑事姿の関智一

 『桜の塔』は、桜の代紋を掲げる警視庁を舞台に、その頂点=警視総監の座をめぐり、激しい出世バトルを描いていくストーリー。幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣役を主演・玉木、警視庁刑事部捜査一課のトップ=捜査一課長・牧園隆文役を関が務める。

 今でも根強い人気があるキャラクターで、玉木主演のドラマに関が出演することを知ったファンはネット上で「のだめ繋がり!」「千秋先輩…関智一と玉木宏が同じドラマに出る世界線…」「二人ともイケボすぎて耳が死ぬw」「実写版&アニメ版千秋慎一共演じゃん」「千秋先輩が同じ画面に…」「ぎゃぼー!(のだめの口癖)」などと歓喜の声があがっている。