『島ぜんぶでおーきな祭 第13回沖縄国際映画祭』が4月17日、18日に開催される。公開を控える新作を中心とした作品の「特別招待」部門で、丹野雅仁監督『メイド・イン・ヘヴン』が上映されることが発表された。

【画像】『第13回 沖縄国際映画祭』ポスター

 例年、吉本興業のお笑いタレントが多数集まり、沖縄をエンターテインメントあふれる島にすることを目標に実施している同映画祭。13回目となる今年は、新型コロナウイルスの感染予防対策を重視しながら沖縄県那覇市の「桜坂劇場」に会場をしぼり、映画上映を行う。

 「特別招待」部門の『メイド・イン・ヘヴン』は手塚理美が主演し、国広富之、佐々木心音、冨樫真、堤下敦らが出演。交通事故で死んでしまった小説家・志田漱石は、天国で最愛の妻・咲子と再会する。しかし、漱石は妻の記憶を失っていた…。2人が別々の生活を余儀なくされる中、下界では謎の小説『メイド・イン・ヘヴン』が発見される。時空を超えた、笑いと涙の感動物語となっている。

 そのほか、「地域発信型映画」部門で、『十六夜の月子』(岡山県津山市)、『こんな、菊灯りの夜に』(沖縄県読谷村)が上映。沖縄本島北部地域で毎年開催される地域芸術祭「やんばる アートフェスティバル」との連携企画の「YAMBARU ART FESTIVAL Phase in NAHA」もホテル アンテルーム那覇で開催されることなった。