3人組ユニット・いきものがかりが、3月31日に発売するアルバム『WHO?』収録の新曲「ええじゃないか」が、今夏公開の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の主題歌に決定した。

【動画】映画特報にて本日YouTube上で楽曲一部公開

 1968年からの3部作、2005年に興行収入20億円のヒットを記録した平成版の映画『妖怪大戦争』に続く、令和版となる本作は、主演に寺田心、さらに、杉咲花、猪股怜生、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、北村一輝、松嶋菜々子、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、柄本明、大森南朋、大沢たかおらが出演。監督は三池崇史が辣腕を振るう。

 主題歌となる「ええじゃないか」は、いきものがかりの水野良樹が詞曲を書き下ろし、編曲を近藤隆史、田中ユウスケが担当した。アッパーな曲調の中に映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の世界観にもある“和”の雰囲気も混ざった、今にも踊りだしたくなるナンバーに仕上がっている。29日にYouTube上で公開になった同映画の特報中にも楽曲の一部が使用されている。

 この主題歌入り特報には、初公開となるシーンも登場。寺田演じるケイは、鎧をまとい剣を構え、まさしく伝説の妖怪ハンターの血を引く勇者らしい姿を披露。さらに映像のラストでは、大沢たかお演じる狸の妖怪・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)が、上半裸で“腹太鼓”を鳴らす衝撃のシーンまで! 一体どんな“妖怪大戦争”が繰り広げられるのか、期待が高まる特報となっている。