人気グループ・KAT-TUNの上田竜也が、4月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ネメシス』(毎週日曜 後10:30)に出演することが、わかった。広瀬すず演じる天才助手、美神アンナと櫻井翔演じるポンコツ探偵、風真尚希の凸凹バディが、探偵事務所ネメシスに舞い込む難事件を次々と解決していくミステリー。上田は“依頼されたものは何でも作ってしまう、超職人気質な謎の道具屋・星憲章(ほし・けんしょう)役に起用され、“アニキ”としてリスペクトしてやまない櫻井とドラマ初共演を果たす。

【動画】広瀬すず×櫻井翔『ネメシス』第一話予告公開

 横浜にある、映画館『ジャック&ベティ』。その地下に、依頼されたものは何でも作ってしまう、道具屋・星憲章の仕事場はある。星の仕事場に行くためには、顔認証に静脈認証、更には『合言葉』を言わなければならない。いくつものセキュリティを乗り越え、辿り着いた場所は、窓は無く、何に使うのだかよく分からない機材や工具に埋め尽くされた、まるで地下の要塞。そして、部屋の至る所に、ホラー映画のグッズやチェーンソー、血まみれの斧、そして、あの有名なホッケーマスクなど星の趣味が垣間見られる小物があふれている。

 そんな“強烈な部屋”で仕事をする星に依頼をする為には、ある“鉄の掟”を守らなければならない。それは“レアな駅弁を持参する事”。レアであればあるほど、面会時間は長くなる。星は無類の駅弁マニアで、部屋でひと際目立つ日本地図には、全国の駅弁のラベルが貼られている――と、またしても、設定の大渋滞状態の癖が強すぎるキャラクターが“チームネメシス”のメンバーとして参加する。

 どうやら風真とは昔からの顔馴染みのようだが、星は風真のことを完全に信用していないようで…初見のアンナに対して「信用出来ない。なんか面白いことやって」と、信用ポイントは面白いかどうか…という謎ルールを課す。一生懸命に星を笑わせようとするアンナの姿もみどころに。2話以降も、アンナと風真の凸凹推理をサポートする超便利な道具を作り出し、まるで未来のネコ型ロボットのような活躍をみせることになる。

 また今回、美術部・装飾部のなみなみならぬ気合が入った星の仕事場のセットを初めて見た総監督の入江悠氏は、「ここまで作り込まれたセットに入ると、おのずと俳優たちの演じる気持ちも変わる」と感動。そして、企画・プロデューサーの北島直明氏は、「あまりの細かな飾り込みとクオリティーに「『これ、テレビドラマだけど予算超えてないよね?』と思わず口走ってしまいました(笑)」とのこと。謎の道具屋・星憲章と共に、凝りに凝った緻密なセットにも注目してほしい。


■上田竜也コメント
探偵ものでありながら、コミカルなシーンもあったり、いろんな要素が含まれていて脚本が面白いので、早くオンエアで完成版をみたいなと感じました。
星くんのキャラクターは、気難しい感じでいくのか、オタクっぽい要素を出した方がいいのか、様々なパターンを思い浮かべることができて楽しみでした。
駅弁に物凄い執着があったりするところも興味深いキャラクターで、シーンシーンで演じることを楽しめるように心がけました。広瀬さんと櫻井さんとの掛け合いは、とても安心感があって、初日とは思えないほど自然に入りこむことができましたし、2人のテンションも身近に感じられて楽しめましたし、キャラクターの可愛らしさも出ていて、とてもいいコンビだと思いました。
僕のいるセットもすごく手がこんでいて細かいところも作り上げてくださって、とてもかっこいいし、ドラマの域をこえていて心血注いだことが100%伝わってきます。そんな細部まで楽しんでもらえたらって思います。星くんは職人気質で人嫌いだからずっと地下にこもって作業しているけど、これから彼がどうなるのか、僕自身も楽しみです!