音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』の「Fling Posse」(フリングポッセ)と「MAD TRIGGER CREW」(マッドトリガークルー)のバトル曲を収録した『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd D.R.B『Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW』』が、初週9.9万枚を売り上げ、3月30日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で、初登場1位を獲得した。

【動画】ナゴヤ、オオサカも参加した「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-+」MV

 『ヒプノシスマイク‐Division Rap Battle‐』は、イケブクロ・ヨコハマ・シブヤ・シンジュク・オオサカ・ナゴヤの6ディビジョン(区画)を拠点とするチーム「Buster Bros!!!」、「MAD TRIGGER CREW」、「Fling Posse」、「麻天狼」、「どついたれ本舗」、「Bad Ass Temple」が繰り広げる、ラップバトルが人気の「男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト」。

 「2nd Division Rap Battle」の第3弾となる本作は、バトル曲の「Reason to FIGHT」を、これまで何作もヒプノシスマイクの楽曲制作を手掛けたヒップホップユニット・RomancrewのALI-KICKが作詞、作編曲を音楽プロデューサー・DJ アーティストのTeddyLoidが担当。ほか、シンガーソングライターや音楽プロデューサーとして活躍している たなか(前職:ぼくのりりっくのぼうよみ)と、音楽プロデューサー・ケンカイヨシが手掛けたFling Posseの「Black Journey」、ヒップホップユニット・ICE BAHNのFORK、玉露、KITが作詞、作曲家、編曲家として活動しているDirty Orangeが作編曲を担当したMAD TRIGGER CREWの「HUNTING CHARM」などを収録している。

<クレジット:オリコン調べ(4/5付:集計期間:3月22日~3月28日)>