お笑いコンビ・ラランドのサーヤ、人気キャラクター・ガチャピンが30日、都内で行われた『PERSOL Work-Style AWARD 2021~はたらいて、笑おう。~』授賞式に出席。ガチャピンが「お久しぶりだね。10何年ぶり。お元気そうで何よりです」と切り出すと、サーヤが「私が子役をやっていたので、その時に『ポンキッキーズ』に出していただいて…。ガチャピンさんは変わらずですね」と久しぶりの再会を喜んだ。

【集合ショット】10数年ぶりの再会となったサーヤ&ガチャピン

 同アワードは、アクティブシニア・ふるさと貢献・パラレルキャリア・ダイバーシティ・グローバルチャレンジ・ネクストキャリア・著名人・キャラクターの計8部門を設け、部門別に、パーソルグループのグループビジョン「はたらいて、笑おう。」を、この1年間でもっとも体現していた人物に贈呈。今年度は、世の中が大きく変化した中でも、いち早く対応し、「時代にあわせた新しいはたらき方」を体現した人物を受賞者に選定した。

 サーヤは著名人部門、ガチャピンはキャラクター部門を受賞。サーヤから「2人組の大変さ、仲良しの秘けつは?」と向けられると、ガチャピンは「それは2人でずっと一緒にいると腹立つこともあるよ。時々スタッフさんに話したりすることもある。でもね、そういうことを言った後って、一見スッキリするようで、なんかモヤモヤするじゃない? そうなったら、謝るようにしている。ありがとうって言うようにしている」と解決法を伝授した。

 一方、ガチャピンはサーヤに「YouTubeの再生回数、どうやって伸ばせるか?」と質問すると、サーヤが「サムネイルにかかっている。相方のひとりの時と2人の時ではまったく違った(笑)。相方ひとりの時はまったく見られないので」とにっこり。「個人事務所を立ち上げたんですけど、相方が遅刻をしたり、ストライキをすることがあって…。ガチャピンさん、そんな時は代わりに来ていただけますか?」とお願いすると、ガチャピンは「いいの? レモンジャムに行くよ。テレビで見たよ、事務所を探しているところ」と快諾した。

 授賞式後の囲み取材には、サーヤの相方・ニシダも登場。イベントにちなんで、ガチャピンとサーヤに「それぞれの新しい働き方をどう見ているか?」との質問が寄せられると、サーヤが「ガチャピンさんは本当に自分に制限を作らず、いろんなことにチャレンジして、そのすべてで結果を出す。すべてに全力っていうのがカッコいいし、それを48年間やっているっていうのが怖い、すごい能力」と絶賛。ガチャピンも「サーヤさんを見ていると、ものすごく自分の信念をもって進んでいるように見える。そこがすばらしいなと思っている」と声を弾ませていた。