BSテレ東は30日、4月改編で注目の午後10時台の番組を担当する出演者3人が顔をそろえ、「夜10時の男たち!」と題した記者会見を行った。出席したのは、新番組『都会を出て暮らそうよ BEYOND TOKYO』(水曜)の中村雅俊、レギュラー化される『マネーのまなび』(木曜)の村尾信尚、日曜日から月曜日に枠移動する『THE名門校 全国すごい学校名鑑』の登坂淳一。それぞれの番組の見どころを語った。

【集合ショット】午後10時台の番組を担当する登坂淳一&中村雅俊&村尾信尚が登場

同局では、「大変な時代に、大きく、変わる。BSテレ東」の標語を掲げ、4月からゴールデン・プライム帯の番組の約8割を入れ替える大改編(ゴールデン帯の改編率80%、プライム帯の改編率81.8%)を行う。

 『都会を出て暮らそうよ BEYOND TOKYO』は、毎回、地域にある魅力的な1つの街を取り上げ、その街に「住みたくなる理由」に迫る地方創生がテーマの番組。長野県に移住した制作チームを起用した画期的な番組。

 中村は「緊張しながら初回の収録に臨みましたが、非常に楽しい番組で、自分自身楽しかったので、見ている方も楽しい時間が過ごせると確信しています」と手応えを語り、楽しかった根拠として、「首長さんがスタジオに来て、自らふるさと自慢を語ってくれるので、素晴らしく説得力がある、番組の最後には、自慢の地酒とそれにあうおつまみが出てきて、本当に楽しい。こんなに仕事で楽に思ったことがない」と、ニコニコ顔で語った。

 番組では「食べて応援!飲んで応援!地域の名品」のコーナーがあり、日本酒スタイリストの島田律子氏が、日本各地にある知られざる地酒(日本酒、焼酎 、地ビール、泡盛など)と地元のアテ(おつまみ)をセットで紹介する。紹介した名品はECサイト「虎ノ門酒場」で販売する。

 『マネーのまなび』は、お金にまつわる話をわかりやすく伝える番組。村尾は「マネーというと難しく考えがちですが、とにかく楽しく学ぼう。例えば、スマホで株が変えるよ、認知症の保険できてますよ、といった身近な暮らしの金融商品から、霞が関の官庁の要人の方と日本の財政について話を聞くといったことまで、硬軟織り交ぜて、わかりやすく楽しくやっていきたい。気になる金融商品についての質問もどんどん寄せていただきたい」と呼びかけた。

 元財務官僚でニュースキャスターの経歴を持つ村尾は、過去に知事選挙に立候補した経験も。「24年間、国家公務員をやって、47歳の時に辞めて三重県の知事選挙に立候補したんです。その時にもらった退職金が1480万円。これをすべて選挙に使いました。既存の政党の応援は一切受けずに理想の選挙をやろうとして、やったんですが見事1480万円は『ゼロ~♪』になってしまいました。一人の市民が政治の世界に入ることがいかに大変なのか、仕事を辞めなくちゃいけない、お金もいる、これだけ政治に壁があるのはどうなのか。いい勉強になりましたけど、授業料が少し高すぎた」と、“マネー”の失敗談も語った。

 『THE名門校 全国すごい学校名鑑』は、全国各地にある“名門”と呼ばれる学校がそう呼ばれる理由に迫る知的情報バラエティー。歴史や校風、教育理念、教員、学校行事、部活…さらには卒業生のネットワークまで、名門校の知られざる姿を紹介する。

 この日、ただ一人、番組の衣装である詰襟学生服を着て出席した登坂は「いつも以上に恥ずかしい」と苦笑いしながらも、「より一層幅広い年代の方に見ていただきたい。中高一貫だと12歳で新しい人生切り開いていく時に、学校選びに悩んでいる子どもたちはもちろん、親御さんも一緒に見ていただきたいですし、卒業生の方たちにも自分の若かりし頃を思い出して見ていただければと思います。単なる学校の紹介だけでなく、そこがどういう場なのか、どういう人が集まっていたのか、学問的に優れているだけでなく、野球が強いとか、鉄道が強いとか、いろんな名門校を探っていきたい。卒業生の方がゲストで出演されることが多いので、若い人たちにいろんなメッセージを送っていきたい」と、話していた。