美女モデルが次々と誕生する話題の芸能プロダクション「ゼロイチファミリア」に所属する桃月なしこ、アンジェラ芽衣、黒木ひかり、林ゆめが29日、都内で行われた「週刊プレイボーイ×ゼロイチファミリア『ゼロイチジャック号』発売記念イベント」に登場した。

【写真多数】ゼロイチファミリア“特撮美女”が豪華集結

 桃月は先月に最終回を迎えた『魔進戦隊キラメイジャー』で敵の女幹部・ヨドンナ役、アンジェラが放送中の『仮面ライダーセイバー』で神代玲花/仮面ライダーサーベラ役、そして黒木は昨年放送された『ウルトラマンZ』で天才科学者・オオタ ユカ役で出演。注目を集める“特撮美女”が作品を超えて豪華共演となった。

 桃月は「特撮ってもともとたくさんのファンの方がいるので『受け入れてもらえるかな?』って思っていたのですが、いろんな人がヨドンナを愛してくれたのでうれしかったです」と感慨たっぷり。アンジェラも、この日のホウ素湯から兄・凌牙(庄野崎謙)が登場したことから「神代兄妹がこれからどうお話に関わっていくのか、正義とは何なのか、見ていただきたいと思います。毎週リアルタイムで実況ツイートしているので、そちらもチェックしてください!」とアピールした。

 『ウルトラマンZ』では天才科学者を演じた黒木だが、実生活では高校を留年中でこの春も卒業ができなかった。いよいよ“高校6年生”となるが「天才科学者という名を汚さないように、しっかり、お勉強も頑張りたいと思います」と改めて宣言。報道陣から「卒業への意気込みをお願いします」と声がかかると、ほかのメンバーは「この質問、何回目?」「毎回この質問だよね」と笑顔でツッコミを入れていた。

 林は地元・北海道富良野市の「ふらの観光親善大使」に就任。「ずっと地元の仕事をしたいと言い続けて、やっとかなったのですごくうれしいです!」と声を弾ませた。