俳優の菅田将暉(28)が29日、都内で行われた映画『キネマの神様』(8月6日公開)の完成報告会見に出席した。

【動画】山田洋次監督の撮影現場に感心する菅田将暉

 同作は、1920年に蒲田撮影所を開所した松竹映画の100周年を記念して製作。主人公は無類のギャンブル好きのゴウ(沢田研二)。若き日のゴウを菅田が演じ、二人一役で主役を担当。さらにゴウの妻・淑子を宮本信子、映画の撮影所で働くゴウとテラシン(野田洋次郎)がともに恋心を抱く食堂の娘を永野芽郁が演じる。時代を越えて繰り広げられる愛と友情が描かれ、若き日のゴウが信じた“映画の神様”が時を越えてひとつの家族にある奇跡をもたらすストーリーが紡がれる。

 新型コロナウイルスによる肺炎で昨年3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が映画初主演予定だった本作。志村さんが亡くなってからちょうど1年が経過したこの日に行われた会見には、菅田のほか、永野、野田、宮本、寺島しのぶ、小林稔侍、山田洋次監督が登壇した。

 山田組について聞かれた菅田は「撮影のシステムが(映画への)執念の塊でした。普段とはまるで違う準備、段取り、時間の使い方で。山田さんが考えて止まると1、2時間くらい経つんですよ。でも、みんな信頼しているから決まるまで待とうという空気になるんです(笑)」とすごみを感じた。

 すると山田監督が「本当はうんざりしていると思うけど(笑)」というと、菅田は「正直、気を使っているスタッフさんもいましたけど」と笑い「でも俳優としてはそれだけ求められているということなので、うれしかったです」と感謝していた。

 そして最後のあいさつで菅田は「まさか山田洋次作品で真ん中に立つとは思いませんでした。本来であれば…という出来ごとがたくさんありました」としみじみ。それでも「いろんなことがあって完成しましたと言えるのが一番の喜びです。いろんなことがありすぎて、思い入れたっぷりです。公開が伸びてたくさんのメッセージが詰まっています」と前を向いてアピールした。