韓国の7人組ボーイズグループ・ENHYPEN(エンハイプン)が27日、オンラインK-カルチャーフェスティバル『KCON:TACT 3』に出演。舞台を盛り上げ、世界中のファンを一つにした。

【写真】黒基調のクールな衣装で新たな一面!ENHYPENの『KCON』パフォーマンス

 今年の『KCON:TACT 3』は新型コロナウイルスの影響のため、オンラインプラットフォームを通じて開催された。 米国、フランス、オーストラリア、メキシコ、日本など従来の『KCON』開催場所をARで表現し、出演歌手と一緒にワールドツアーに出発するというコンセプトで行われ、ENHYPENはフランス・パリの野外公演場を背景にした舞台となった。

 この日、ENHYPENは昨年11月に発売したデビューアルバム『BORDER : DAY ONE』の収録曲「10 Months」からスタート。 続いて「Let Me In (20 CUBE)」、「Given-Taken」、そしてBlock Bの「Very Good」カバーなど4曲を披露した。デビュー4ヶ月ということを感じさせない、完璧なパフォーマンスの舞台を見せた。

 ENHYPENは「今年、KCON:TACTに初めて参加することになった。 昨日はとてもワクワクして眠れなかった。ファンの皆さんに会えてとても幸せ」と感想を伝えた。 また、世界中でリアルタイムでENHYPENの舞台を視聴中のファンがスクリーンを埋め尽くすと、7人のメンバー全員が喜びを隠せずに「これから皆さんに直接お会いできるように一生懸命努力するので、たくさん愛してほしい」と感謝した。

 場所を移して行われた「Meet&Greet」のコーナーでは、舞台でのカリスマ性溢れる姿とは一転、親しみやすくフレッシュな魅力を披露し注目を集めた。 片目と唇を拡大して撮った写真からメンバーの名前を当てるなど、仲の良さを示した。

 ENHYPENの『KCON:TACT 3』出演は海外でも大きな注目を浴びた。 米国の有名テレビ番組『アクセスハリウッド』(Access Hollywood)とインタビューを行い、公演中にはENHYPEN関連のキーワードが世界ツイッターリアルタイムトレンドの上位圏に上がるなど「グローバルファンメイドグループ」の地位を示した。

 一方、ENHYPENはデビューアルバム『BORDER : DAY ONE』で2020年にデビューしたグループのアルバム(単一アルバム基準)販売数としては最高記録をマークし、米国のビルボードチャートと日本のオリコンランキングで好成績を記録。 デビューと同時に「第4世代ホットアイコン」に浮上したENHYPENは、来月末のカムバックを目標に、新しいアルバムを制作している。