テレビアニメ『ブラッククローバー』(ブラクロ)が映画化されることが決定した。29日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)17号の表紙で発表され、あわせて映画化記念ビジュアルが公開された。

【画像】希望に満ちた爽やかなアスタ!映画化記念のビジュアル

 同作は、同誌にて連載中の同名漫画が原作で、シリーズ累計1200万部を突破する人気作。魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年アスタとライバルのユノが、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す、冒険と成長を描いた魔法ファンタジー。

 2017年10月よりテレビアニメの放送がスタートし、海外プラットフォーム大手のクランチロールにて、87の国と地域で視聴数1位を獲得するなど世界中で支持されており、あす30日に最終回を迎える(全170話)。

 今回の映画化を記念して、キャラクターデザイン・竹田逸子氏による記念ビジュアルが公開。アスタが朝日を迎える、水彩画タッチのビジュアルとなっており、希望に満ちた爽やかな印象に仕上がっている。映画の物語の詳細は追って発表される。また、YouTubeのジャンプチャンネルにて原作特報PVが公開されている。