タレントでミュージシャンの桑野信義(63)が28日、自身のブログを更新し、昨年秋に大腸がんの宣告を受けていたと公表した。

【画像】月9『監察医 朝顔』に出演した次男の桑野将春

 桑野は「私 桑野信義は昨年秋に大腸癌の宣告を受けました」とし、「ステージ3~4の大腸癌(がん)で周りのリンパにまで転移している状態と知り『死んでしまうのでは…』という最悪な事が真っ先に頭を過ぎりました ただただショックで目の前が真っ暗になりました」と当時の心境を明かした。

 その後、主治医からがんの進行具合や治療計画を聞き、「心の中は更に不安でいっぱいになり辛くて苦しい長い闘いになるのかとどん底に落ちてしまいました」と告白。「しかし先生からの わかりやすい説明を受け自分はこれから『何と闘うのか、何の為に闘うのか』と闘う意味と対戦相手がハッキリとわかり『この治療は前に進むためなんだ!』と不安は消え去り闘争心が湧いてきました」とつづった。

 「この『闘い』はDoctor teamはもちろん父親を始め家族やマネージャー&会社の皆さん RATS&STARの鈴木雅之リーダーや佐藤善雄先輩に仲間等の支えがあり後押ししてくれていることは言うまでもなく感謝の気持ちでいっぱいです」とし、「これからは皆さんへの恩返しの人生にしていきます」と決意を新たにした。

 また「手術前に半年の抗癌剤治療でこれ以上の進行と転移を抑えてから先月14時間に及ぶ手術で癌と転移したリンパの削除に成功しました」と報告。しかし、「先生の説明によると癌が進行していた為再発は0%ではないとのことです なので術後も抗癌剤の化学療法をしながら現在は再びステージに立つという目標に向かって先ずは体力回復、免疫力UPなどリハビリに励んでいます」とした。

 「あと何回桜が観れるのだろうか 今日も生きていられる事に感謝です いつの日か皆さんの前でトランペット&ホラを吹きまくります」と宣言。「必ず復帰してみせますので温かい目で見守って下さると幸いです さんそれまで待っていて下さいね!『くわまんは負けません!』」と力強く語った。