7日にスタートしたスーパー戦隊シリーズ45作記念作『機界戦隊ゼンカイジャー』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)。第4カイ「ブルブルでっかいおせっかい!」が、28日に放送され、ついにそろったゼンカイジャーが5人での名乗りを披露した。

【動画】『ゼンカイジャー』5人で変身ポーズ&名乗り初披露!

 4人になったゼンカイジャー、残るは1人。ボクシングトピアを閉じ込めたトジルギアによりボクシングワルドが出現。介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーは、ボクシングワルドに応戦。戦いの中、キカイノイドのブルーン(声:佐藤拓也)が割り込んでくる。

 ありあまる好奇心を持つブルーンは庶民のままでは知ることができない知識や技術を学ぶためイジルデの掃除係をしていたが、イジルデを怒らせてしまい逃げてきたのだ。介人は、ブルーンから話を聞き、トジルギアを破壊すれば閉じ込められた世界を解放できることを知る。介人との出会いにより、知ることで世界が広がると分かったブルーンは、ゼンカイジャーの仲間になりたいと申し出る。

 第1カイでは、介人とジュラン(声:浅沼晋太郎)と2人だったゼンカイジャーも、2カイ、3カイでガオーン(声:梶裕貴)、マジーヌ(声:宮本侑芽)が加わった。この日の放送で、ついにブルーンが仲間になって5人に。介人の「5人そろって」の掛け声とともに5人で「ゼンカイジャー」と名乗りを披露した。

 ようやく、名乗りシーンで「5人そろって」が公開され、ファンは「5人揃ってゼンカイジャー ゴレンジャーの名乗りを継承したな!」「名乗りアクションがそれぞれのモチーフの戦隊を取り入れててとても感激してる」「戦隊はやっぱり5人名乗りに限る」といった反響が起きていた。