アニメの祭典『AnimeJapan 2021』が27日、オンラインで行われ、「ネトフリアニメ!AnimeJapan 2021 メガ盛りステージ!」に声優の津田健次郎、高野麻里佳、森川智之らが出演した。

【動画】『極主夫道』“ギャップ萌え”絶賛に照れる津田健次郎

 イベントステージでは、Netflixの上半期注目のラインナップ発表から始まり、MCの吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)の呼び込みで、Netflix アニメチーフ・プロデューサーの櫻井大樹が登壇。2021年は、新たに約40本のNetflixオリジナルアニメを配信予定であること発表し、「去年の丁度倍に近い作品数。1年52週と考えると毎週のように新たな作品を配信することになる」と、去年と比較して数も内容もパワーアップしていると力強く語った。

 ラインナップ発表に続き、Netflixオリジナルアニメシリーズに出演している豪華キャストによるスペシャルトークが展開。伝説の元極道が専業主夫として過ごす日常を描くアットーホームなギャグコメディ「極主夫道」から、主人公・龍を演じる津田が登場。ギャップのある龍のキャラクターも魅力の本作だが、演じた津田は「主夫あるあるや、学べることも多くハチャメチャ感が楽しい」と伝えた。

 2体のロボットの元で育った少女が、世界へ立ち向かうSFファンタジー「エデン」で主人公サラを演じる高野は、コロコロと表情が変わるサラ役を、赤ん坊から少女に成長するまですべてを演じており、「まだまだ言えない大きな秘密があるがサラと一緒に旅をしてほしい」と作品への思いを語った。

 『バイオハザード』シリーズ初の連続CGドラマ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」で主人公レオン役を演じる森川は、「サバイバルホラーのジャンルだが結構重厚な展開もあって興奮すると思う」と作品をアピールした。