Netflix オリジナルアニメシリーズ『エデン』が、5月27日から独占配信されることが決定。きょう27日に開催された「AnimeJapan2021」の<ネトフリアニ

【動画】ネトフリアニメ『エデン』予告編

メ! AnimeJapan2021 メガ盛りステージ!>で、配信日とともに発表された予告編がWEBで解禁となった。

 本作は、入江泰浩監督と世界のクリエイター陣が手がけた、2体のロボットに愛され育てられたサラが世界に隠された謎に立ち向かう感動SFアドベンチャー。25分×4話で、アニメシリーズとしてはもちろん、映画のようにも楽しめる。

 本作の舞台はロボットしかいない自然豊かな世界<エデン>。人間が悪とされるこの世界で、農業用ロボットとして暮らしていたE92(CV:伊藤健太郎)とA37(CV:氷上恭子)はある日、サラ(CV:高野麻里佳)という名の“人間の”赤ちゃんが入ったカプセルを偶然発見してしまう。この世界ではサラが危険だと考えた2体は、隠れて育てることに。そして、2体と1人には本当の親子のようにお互いを想い合う “絆”が育まれていく。

 解禁された予告編では、我が身を挺してでもお互いを守ろうとする主人公サラとE92&A37、そしてサラを執拗に追う<エデン>の支配者ロボット ゼロ(CV:山寺宏一)の緊迫感あふれるシーンが収められている。人間とロボットという垣根を超えて親子となった彼女たちの強い絆が描かれる本作について、プロデューサーのジャスティン・リーチ(『イノセンス』)は「E92 とA37が初めて親になっていく様子は、特に丁寧に描きたいと思いました。サラを育てていくうちに親子の絆が深まり、彼らは感情的に成長して、愛し、愛される能力を備えていきます」と、サラとロボット達が心を通わせていく過程のドラマに注力したことを語る。

 また、入江監督は「本作はドキドキしながら楽しめる、エンターテイメント作品です。迫力のあるアニメーションや意外なストーリー展開、魅力的なキャラクター達が織りなす時間を楽しんでください」と作品への自信の程を明かした。

 サラを演じるのは、『それが声優!』の小花鈴役や『ウマ娘 プリティーダービー』のサイレンススズカ役などで人気の高野。「サラはロボットたちだけが暮らす世界で目覚め、彼らに見守られながら成長していきます。大切な存在を想う気持ち、彼女の好奇心と意志の強さがやがて壮大な物語へと繋がっていきます。ぜひみなさんもサラと一緒にエデンの世界へと旅してください」と、これまでにない感動作になっていると語っている。