『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督よるDC映画最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(夏公開)のティザー予告編が世界で一斉解禁された。

【動画】『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』ティザー予告

 放送禁止用語もお構いなしのクレイジーさと、アクション、ジョーク、ノリ、音楽、さらにエチケットまでてんこ盛り。ジェームズ・ガン監督らしいコミカルな会話劇が繰り広げられ、それぞれキャラクターの個性が伺えるほか、監督の真骨頂であるメロディアスな楽曲にのせた激しいアクションシーンも垣間見ることができる。

 ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)・ブラッドスポート(イドリス・エルバ)・キング・シャーク(スティーブ・エイジー)・ポルカドットマン(テヴィッド・ダストマルチャン)・サヴァント(マイケル・ルーカー)・シンカー(ピーター・キャパルディ)・ブラックガード(ピート・デヴィッドソン)など…。首の後ろには爆弾が埋め込まれ、裏切ったり間違ったりすれば容赦なく吹っ飛ばされてしまうという状況の中、とあるデス・ミッションのために集められた“極”悪党の“スーサイド・スクワッド”。果たして、ノリで行動する“極”悪党の彼らにしか解決することができない自殺級のミッションとはどんなものなのか!? 彼らを待ち受ける運命とは!?

 今回の映像からはイドリス・エルバ演じるブラッドスポートがリーダー的なポジションを務め、“スーサイド・スクワッド”が武装勢力と戦う姿が見て取れるほか、お馴染みの“悪カワ“ハーレイ・クイン”は相変わらずのマイペースさで、銃を乱射して暴れまわる。また、随所で絶大な存在感を放つ強烈なキャラクター、半分人間で半分サメのキング・シャークも。

 ヘリコプターが墜落し、ビルが崩れ落ちる様子からは前代未聞の超大作であることは間違いない。関連作の予習復習などに囚われることなく、誰もが楽しめる作品への期待高まる予告編になっている。