ガイ・リッチー監督の最新作『ジェントルメン』(5月7日公開)の冒頭映像が解禁された。本作は、長年にわたる大麻の大量栽培/販売で財を成したアメリカ人ミッキーが、ビジネスを売却し、引退するというウワサが暗黒街に広まり、総額500億円もの利権をめぐる跡目争いが勃発。一筋縄ではいかないジェントルメン=一流のワルたちによるダーティでスリリングな駆け引きにハラハラできる作品。

【動画】映画『ジェントルメン』冒頭映像

 目の色変えた強欲なユダヤ人大富豪、ゴシップ紙の編集長、ゲスな私立探偵、チャイニーズ&ロシアン・マフィア、さらには下町のチーマーまでもが跡目争いに参戦。ひねりを効かせたプロットとイキで愉快なせりふの応酬を、緩急自在のギア・チェンジでスタイリッシュに演出した本作は、いち早く公開された諸外国で「ガイ・リッチーの歓迎すべき原点回帰」「ギャングスタ―・コメディへの凱旋」と評判を呼び、世界興収はすでに1億ドルを突破している。

 キャストにはミッキー役に『インターステラー』のマシュー・マコノヒーのほか、『キング・アーサー』のチャーリー・ハナム、『クレイジー・リッチ!』のヘンリー・ゴールディング、TVシリーズ『ダウントン・アビー』のミシェル・ドッカリー、『トータル・リコール』のコリン・ファレル、そして『コードネーム U.N.C.L.E.』のヒュー・グラントが結集。映画ファンを喜ばす小ネタ、珍ネタも多数散りばめられている。

 冒頭映像は、ロンドンのパブでミッキー(マシュー・マコノヒー)がビールとピクルドエッグを注文し、ジュークボックスにコインを落としてオープニングテーマが流れるシーンからスタートする。

 「ジャングルの王はうわべの振舞いだけでなく、本当の王にならねばならない」とマリファナ王たる威厳を見せたあと、「疑いがあってはダメだ。疑いは混乱を生み、破滅を招く」と意味深なせりふを放つミッキー。デートの約束のため、妻のロザリンド(ミシェル・ドッカリー)に電話をすると何やら様子がおかしいことに気付くと、その直後、銃声が鳴り響くとともにビールグラスが赤く染まる…。

 冒頭から急展開を見せつつ、ジュークボックスから流れる音楽はそのままにオープニングムービーへとシーンが移り変わり、マリファナビジネスの利権争いを臭わせるかのように、クセモノ揃いのキャラクターたちが煙のように消えては、また次々と現れていく。ショッキングな展開と、クールな映像と音楽がキマりすぎな冒頭映像となっている。