東京事変の新曲「緑酒」(りょくしゅ)が、29日にリニューアル初回放送を迎えるテレビ東京系の経済ニュース番組『WBSワールドビジネスサテライト』(月~木・後10:00、金・後11:00)の新エンディングテーマ曲に決定した。

【写真】3月30日に配信リリースされる「緑酒」ジャケ写

 作詞はボーカルの椎名林檎、作曲はキーボードの伊澤一葉、編曲は東京事変が手がけた。東京事変は「書き下ろしに当たり、大江麻理子氏からいただいたお便りの心強さっと言ったら。大いに鼓舞していただき思い切り取り組むことができました」と、大江キャスターから手紙をもらっていたことを明かし、視聴者に向けては「遠くない将来、緑酒の盃を交わす瞬間を迎えられるよう我々も努めます、共に凛と参りましょう」と呼びかけている。

 大江キャスターは東京事変にあてた手紙について「どんな思いで我々WBSのスタッフが日々の放送に臨んでいるかをお伝えさせていただきました。経済を切り口にして、知恵を絞り次の一手を打ち出す企業や個人を積極的に取り上げていること。一日の終わりに目にするもので翌日の心の持ちようが変わるかもしれないので、視聴後感の良いものにしようと心がけていることなどです」と告白。「緑酒とは、質の良いお酒のことです。番組自体も緑酒のような存在になれるよう、努力を続けようと思います。共に凛と参りましょう!」とリニューアルに向けて意気込む。

 佐々木明子キャスターは「ちりばめられた言葉ひとつひとつが今を生きる私達の思いそのもので、その意味をかみしめながら聞きました」と感激。「私もこの曲に恥ずかしくないよう頑張りたいと思います。すてきな楽曲をありがとうございます」と感謝した。

 「緑酒」は3月30日に配信リリースされる。

■東京事変コメント
 リニューアルされるという番組の大事な節目に、テーマ曲をご注文くださりありがとうございます。書き下ろしに当たり、大江麻理子氏からいただいたお便りの心強さっと言ったら。大いに鼓舞していただき思い切り取り組むことができました。

 我々現役世代の肩に伸し掛かる重みを分かち合いたい。とにかくそれだけです。次世代へバトンを渡すまでに解決して置くべき課題が山積みの昨今、日本のみならず世界中が騒がしい。本プログラムのニーズたるや、さぞ切実なことでしょう。

 日々不条理へ立ち向かっては、疲弊し切ってお帰りになり、おやすみ前に、這々の体でこの番組をご覧になる大人の皆さまを想像しております。遠くない将来、緑酒の盃を交わす瞬間を迎えられるよう我々も努めます、共に凛と参りましょう。

 どんなときも愛を込めて。東京事変2021。

■大江麻理子キャスターコメント
曲を聴いて、「私たちと一緒に番組を作ってくださった」と感じました。東京事変さんが書き下ろしを引き受けてくださると決まったときに、どんな思いで我々WBSのスタッフが日々の放送に臨んでいるかをお伝えさせていただきました。経済を切り口にして、知恵を絞り次の一手を打ち出す企業や個人を積極的に取り上げていること。一日の終わりに目にするもので翌日の心の持ちようが変わるかもしれないので、視聴後感の良いものにしようと心がけていることなどです。
その思いを共有し、視聴者の方々を思い描きながら作ってくださったのだと感じました。
緑酒(りょくしゅ)とは、質の良いお酒のことです。番組自体も緑酒のような存在になれるよう、努力を続けようと思います。共に凛と参りましょう!

■佐々木明子キャスターコメント
 ちりばめられた言葉ひとつひとつが今を生きる私達の思いそのもので
その意味をかみしめながら聞きました。
いつの時代も歌は私達に寄り添い励ましてくれる存在ですが軽快なロックの「緑酒」は、
激変する世界のスピード感や、私達の焦燥感を映し出しているようで、
「自由」への想いをぶつけるサビでは思わず空を見上げたくなりました。
どんな困難にも決して諦めず、前に進もうと、自由をつかもうと、背中を押してくれるような力強さです
WBSを見終える時、明日も頑張ろうときっとみなさんが思ってくれるはずです。
私もこの曲に恥ずかしくないよう頑張りたいと思います。
すてきな楽曲をありがとうございます

■『WBSワールドビジネスサテライト』チーフプロデューサーコメント
新生日本への叱咤と期待を歌い上げた、ガツンと来る素晴らしい曲です。
新生WBSの船出にとっても、大きな推進力となりそうです。