俳優の斎藤工が主演を務める映画『シン・ウルトラマン』が、新型コロナウイルスにより制作スケジュールに影響が出たため、今夏公開を延期し新たな公開時期を調整することを26日、発表された。

【動画】『シン・ウルトラマン』特報映像

 円谷プロダクション、東宝、カラーは共同で「予定していた『2021年初夏公開』ではなく、新たな公開時期へ調整させて頂きます。スタッフ一丸で鋭意制作中です。どうか楽しみにお待ち頂ければと思います。今後の公開予定に関しては、決定次第、映画公式サイトと公式SNSでお知らせいたします」とコメントを発表した。

 1966年に誕生した特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現代社会に登場させる同映画は、企画・脚本を庵野秀明氏、監督を樋口真嗣氏が務め、『シン・ゴジラ』(2016年)を大ヒットに導いた盟友タッグが再び手を組んだ。『シン・ゴジラ』が初代『ゴジラ』(1954年)の現代社会での再構築であったように、本作も当時初めてテレビで“ウルトラマン”を目撃した時と同様の衝撃をもたらすことを目指す。

 主演の斎藤のほか、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏らが出演する。