映像配信サービス「dTV」で4月1日以降に追加配信される邦画作品のラインナップが発表された。小畑友紀氏の人気少女漫画を生田斗真・吉高由里子で実写映画化した『僕等がいた』(前篇・後篇)、岡田准一主演の『追憶』、中島健人(Sexy Zone)、平祐奈、知念侑李(Hey! Say! JUMP)が出演する『未成年だけどコドモじゃない』など、ジャニーズの人気俳優が出演する作品で、dTV独占配信となるものも多数含まれている。

【写真】映画『検察側の罪人』などそのほかの追加作品

 岡田の主演作では、『鉄道員』などの名作を手掛けた監督・降旗康男と撮影・木村大作がタッグを組んだヒューマンサスペンス『追憶』のほか、木村大作が監督を務めた時代劇『散り椿』、劇団ひとりの小説が原作で、宮崎あおいと共演した『陰日向に咲く』もdTV独占配信。

 SNS漫画家・世紀末によるツイッター発のコミックを、間宮祥太朗&桜井日奈子のダブル主演で実写映画化した『殺さない彼と死なない彼女』も独占配信作品として登場。

 さらに、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描いた木村拓哉と二宮和也の初共演作『検察側の罪人』は4月2日から、小栗旬が文豪・太宰治を演じ、小説「人間失格」の誕生秘話を、太宰を取り巻く3人の女性たちとの関係とともに描いた『人間失格 太宰治と3人の女たち』は4月18日から追加される。

 邦画以外にも、韓国ドラマ『ボイス3 ~112の奇跡~』や昨年、カンテレ・フジテレビ系で放送された有村架純主演の『姉ちゃんの恋人』、アメリカ映画『ベイウォッチ』などが楽しめる。

 また、BTSがワールドツアーで2年ぶりに訪れたサンパウロでのライブ映像を収めた『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF’ SAO PAULO』や日本での初スタジアム公演となった記念すべきライブ『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF’ - JAPAN EDITION』、さらには、2019年に劇場公開され、全世界で大ヒットを記録したBTSのドキュメンタリー映画第2弾『BRING THE SOUL: THE MOVIE』(4月15日~)、『BRING THE SOUL: DOCU-SERIES』(全6話、4月15日~)など、BTS関連作品4タイトルも独占配信する。