新型コロナウイルスによる肺炎で昨年3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が映画初主演予定だった『キネマの神様』(8月6日公開)の完成報告会見が、志村さんが亡くなってからちょうど1年のきょう29日、都内で行われた。

【動画】言葉を振り絞り完成報告の喜びを語る菅田将暉

 この日の会見には、菅田将暉(28)、永野芽郁(21)、野田洋次郎(35)、寺島しのぶ(48)、小林稔侍(80)、宮本信子(76)、山田洋次監督(89)が登壇。

 山田監督は「衣装合わせも本読みもした後で、主役が亡くなるということは、体験したことがなかった。非常に混乱しました」と1年前を回想。それでも「いろんないきさつがあって、沢田研二さんに代わりをやってもらうことになりました。不安もありましたが、志村けんとは違う別の魅力あるおじいさんになってくれた。長い映画人生でも初めてのことだとしみじみと思います」と代役を務めた沢田に感謝した。

 映画を見た菅田は「沢田さんは俺より大暴れしていて(笑)」とパワフルな演技に圧倒され「撮影現場も見学させてもらったのですが、チャーミングでダメだけど色気がある魅力的なゴウだなと思いました」と話していた。

 同作は、1920年に蒲田撮影所を開所した松竹映画の100周年を記念して製作。主人公は無類のギャンブル好きのゴウ(沢田)。若き日のゴウを菅田が演じ、二人一役で主役を担当。さらにゴウの妻・淑子を宮本、映画の撮影所で働くゴウとテラシン(野田)がともに恋心を抱く食堂の娘を永野芽郁が演じる。時代を越えて繰り広げられる愛と友情が描かれ、若き日のゴウが信じた“映画の神様”が時を越えてひとつの家族にある奇跡をもたらすストーリーが紡がれる。

 また、志村さんの代役でゴウを演じる沢田は「志村けんさんの代わりとしての出演で、あくまでも映画本編への出演のみが役目」という考えで、配給の松竹とも合意。この日のイベントを含め、今後も宣伝活動の予定はないという。