アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の舞台あいさつが28日、東京・新宿バルト9で開催された。『エヴァンゲリオン』シリーズとして1997年以来、24年ぶりの実施となり、出演声優が集結したことから劇場には多くのファンが駆け付けた。

【動画】『シン・エヴァ』声優14人が集結!笑いありの舞台あいさつ映像

 25日に更新された公式ツイッターでは「【全国同時生中継】 97年以来のエヴァ舞台挨拶! この豪華キャストがそろう機会をお見逃しなく」と報告。この日の舞台あいさつには碇シンジ役の緒方恵美、アヤナミレイ(仮称)役の林原めぐみ、式波・アスカ・ラングレー役の宮村優子、葛城ミサト役の三石琴乃、赤木リツコ役の山口由里子、渚カヲル役の石田彰、碇ゲンドウ役の立木文彦、相田ケンスケ役の岩永哲哉、鈴原ヒカリ役の岩男潤子、伊吹マヤ役の長沢美樹、日向マコト役の優希比呂、北上ミドリ役の伊瀬茉莉也、多摩ヒデキ役の勝杏里、加持リョウジ役の山寺宏一が登壇し、久々にエヴァ声優たちがファンの前に姿を現した。

 緒方は「エヴァンゲリオンシリーズは24年前に旧劇場版の舞台あいさつをしたきり。新劇場版では一度もキャストの舞台あいさつがなかった。このメンバーが集まるのは最初で最後。皆さんもそうだと思いますが、私たちもとても楽しみにここにきました。最後まで楽しんでいってください」と呼び掛けた。

 続けて「エヴァンゲリオンは新劇場版は『破』からバラバラに収録することが多かった。今回はバラバラで収録してどうなってるかわからなかった。完成版を見て知るという(笑)。完成したということで、全てのクリエイター、スタッフにお疲れさまと言いたいです」と心境を語った。

 林原は「2時間35分ですかね、長い長い時間を見終わり、そして長い長いエンドテロップを見ながら、これだけの人たちが集結した映画なんだなと改めて感慨深い思いでいた。おそらく30代以降の方たちはここが一つの終わりであり、10代の人にとってはここか入り口なのかもしれないなという思いでいます」としみじみ。「その無限ループの中を漂う人も、一度抜けてまた帰ってくる人も、エヴァンゲリオンという一つの世界がここに存在していたんだなとかみ締めるような思いでいます」と心境を語った。

 宮村は既に2回鑑賞していると明かし、「今回2回見ても、いろいろ自分で考察したり、インターネットで皆さんの考察を見たり聞いたりして、『え、そうだったっけ?』と思いまた見に行くという。これが正しいエヴァンゲリオンの楽しみ方なんだなと思った。最後の完結編でも、一粒で何度もおいしい思いをしているなと思う。みなさんもいっぱい楽しんでくれたらないいなって思います」と思いを語った。

 『新劇場版』シリーズは、テレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』に新たな設定とストーリーを加え全4部作として「リビルド」(再構築)したもので、今作は、2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、09年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、12年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く作品であり、今作は完結編となる。

 3月8日に公開されると、初日の興収は、8億277万4200円、観客動員数53万9623人を記録。さらに、公開14日間で興行収入49億3499万6800円、観客動員数322万2873人を記録しており、東映によるとシリーズ作品の興行成績において「公開からの成績は常に最高記録を更新中」と説明。シリーズ最高興収である前作『:Q』(2012年公開)の53億円突破が目前となっている。