声優・ナレーターのキートン山田(75)が28日放送のフジテレビ系TVアニメ『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜 後6:00)で、31年間つとめた同作のナレーションを卒業した。

【写真】キートン山田が30年以上ナレーションを務めた『ちびまる子ちゃん』

 「ある春の一日」というタイトルで前後編にわたるストーリーが放送され、キートンのおなじみ「後半へ続く」のせりふも盛り込まれた。エンディングではキートンのナレーションが総集編のように構成された粋な演出で、最後はやはり「後半へ続く」の声で締められると共に、「キートン山田さん、ありがとうございました」と感謝のテロップが表示された。

 アニメ本編のラストではキートンの声で、ある男の子の父親(エンディングではクレジットなし)が「ありがとう、まるちゃん」とまる子に語りかけるシーンもあり、「キートンさんがありがとうって言った瞬間涙が溢れた…」「ありがとうまるちゃんのセリフにグッと来ました」と視聴者からも感動の声が上がった。

 キートンは1990年の番組開始以来『ちびまる子ちゃん』でナレーションを担当。番組卒業に伴い、声優・ナレーター業からも引退する。