関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑(18)が28日、東京グローブ座で行われた舞台『Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-』取材会に出席。役作りで増量したと明かした。

【全身ショット】役衣装でにっこり手を振る道枝駿佑&茅島みずき

 29日から同舞台の幕が開けるが、日々けいこに行くのが不安だったという。「本読みから慣れなくて。心が折れそうになったが、(森氏が)褒めてくださったり、しかってもらい、ありがたかった」と感謝していた。また、過去に藤原竜也が演じた舞台のDVDを参考にしたとし、「自分の台本と読み合わせしながらやってました」と明かした。

 また役作りにあたり、森氏から「筋トレをしておけ」と言われたという。「初めてお会いした時に『ガリガリだから筋トレしておいて』って。体重も変わった。2、3キロくらいしか増えなかった」とつぶやくも、報道陣からは驚きの声が上がった。またジャニーズWESTの小瀧望から「1日5食で筋トレしてたら太る」とアドバイスをもらったと告白。早速実践したものの、体調を崩してしまい「だんだん胃を広げながらやっていこうと思った」と苦笑した。

 今回が舞台単独初主演となる道枝は「まだ実感がわかないですね。とうとうこの日まで来たなと、ちょっと身に沁みて感じてますし、けいこが始まってからここまであっという間。あすの本番も頑張っていきたい」とし、「健康第一でしっかり千秋楽まで共演者と森さんとスタッフと作品を盛り上げられるよう頑張りたい」と決意を新たにしていた。

 本作で道枝は主人公・ロミオ、初舞台となる茅島みずきはジュリエットを演じる。演出を務めるのは『プラトーノフ』や昨年高い評価を得た『メアリ・スチュアート』、『エレファント・マン』などで知られる森新太郎氏。同所でのシェイクスピア作品演出は、19年に菊池風磨主演で上演した舞台『ハムレット』に引き続き2作目となる。

 同舞台は、同所で29日から4月18日まで、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで4月21日~25日まで上演される。