俳優の竹野内豊が28日、フジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』(4月5日スタート、毎週月曜 後9:00~)リモート記者発表会に出席した。

【写真】新田真剣佑、黒木華と撮影の裏話を明かす竹野内豊

 今作は民放連続ドラマとしては初となる、刑事裁判官が主人公の爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、竹野内は自由奔放で型破りな主人公・入間みちおを演じる。

 11年ぶり月9主演となる竹野内は裁判を扱った本作について「法廷シーンを非常に丁寧に撮っている。時間がかかった長いシーンは、1シーンを2日にわけてトータルで18時間とか。黒木(華)さんも東大卒のエリート役なんで、ロジカルなせりふも膨大。大変だったと思う。その時間、せりふがない新田(真剣佑)さんとか待つ方も大変だったと思います」と撮影をしみじみ回顧。「エキストラさんとか長い裁判シーンをずっとただ座ってみてるのはそれだけでも大変だったと思いますね」と語った。

 原作の主人公・みちおは、眼鏡をかけた小太りな中年裁判官として描かれている。竹野内の姿とはかけ離れているが、「原作のみちおファンも多いと思うので、自分がこの役をやっても大丈夫なのかと思った」と本音をポロリ。打ち合わせで少し太った方がいいか話していたそうだが、「『竹野内さんの中にみちおさんがいます』と言われ、みちおさんの魂だけを受け継いで臨もうと思った。原作と違ってすみません。そこまで太るのもなかなか難しいですよね」と苦笑していた。

 最後に視聴者に対し「リーガルもので、難しいようなドラマは苦手だなと思う方でも本当に楽しんでご覧いただける作品に仕上がっているんじゃないかなと思います。裁判官であっても同じ人間を裁くことがいかに難しいか、ご覧くださる方々と一緒に考えていけるドラマになっていると思うので、楽しんでいただけたらなと思います」と呼び掛けた。

 会見には女優の黒木華、俳優の新田真剣佑も出席した。黒木は、みちおと真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴、新田は裁判所書記官・石倉文太を務める。