女優の池田エライザが25日、都内で行われた映画『騙し絵の牙』公開前夜祭イベントに登壇した。

【動画】「皆さんは大好きだけど帰りたい」大泉洋から痛烈ツッコミを受ける池田エライザ

 クセのあるキャラクターが多いことから、自身のクセについて聞かれた池田は「矛盾してしまいますが、現場のみなさんのことは大好きなのに、病的に帰りたくて。最後のワンシーンとかはものすごく帰りたいんです」と告白。松岡茉優から「お家にいるのが好きなの?」と聞かれると池田は「帰ったら家から出たくないんですよ。直帰したい。昼だろうが朝だろうが」と明かした。

 すると大泉洋が「俺のクランクアップコメントは早く終われって思ってたの?」とツッコムと池田は「仕方がない部分なんだと思います」と正直に回答。大泉は「俺のクランクアップコメントは長いからね。永遠にしゃべってるから」といい、会場を笑いに包んでいた。

 この日は、宮沢氷魚、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、佐藤浩市、吉田大八監督も登壇した。

 物語の舞台は大手出版社の「薫風社」。専務・東松(佐藤)の大改革で、雑誌は次々と廃刊の危機に陥り、会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。しかし、頼りなく見える速水は裏に“牙”を秘める男で、嘘や裏切り告発なども行われる中、新人編集者でヒロイン・高野(松岡)を巻き込みながら、生き残りをかけた奇策をかけていく。