映画『まともじゃないのは君も一緒』(公開中)でダブル主演する成田凌、清原果耶が、互いに写真を撮り合うメイキングカットが解禁された。普段からフィルムカメラを持ち歩いている程カメラ好きの成田が使っているカメラもまた、自身愛用のフィルムカメラとのことだ。

【写真】成田凌の写真を撮ろうとしている清原果耶

 最終日の撮影の合間、清原にカメラを向ける成田。そして清原が自然体の成田を撮影しているところも。現場での時間を常に一緒に過ごして自然な空気感を作り上げてきた成田と清原の、飾らないリラックスした顔を見ることができる。

 真剣な眼差しでカメラのファインダーを覗く成田、透き通った表情で腰を掛ける清原、隣り合ったその距離がどこか信頼感を感じさせ、不器用で感情表現が苦手な大野と香住の絆を感じさせるような“超エモい”1枚になっている。

 本作にて重要な役割を担う、雑木林を散策し大自然の中に佇み日常生活をしばし忘れる大野と香住のエンディングシーン。実は、大野と香住のせりふはすべてアドリブで撮り切ったそうだ。

 きょう25日、午後9時から、本作の公開を記念したオンライントークイベントが、「共感シアター」より配信される。今回のイベントでは、スペシャルゲストとして前田弘二(監督)と高田亮(脚本家)を迎え、MCとして伊藤さとり(映画パーソナリティ)が登場。本作の見どころや制作秘話などが語られるほか、視聴者からの質問コーナーも設けられ、さまざまな角度から作品を徹底解剖する内容となっている。二人独自の目線から選んだ本編のオススメシーンを特別上映する予定。

■配信URL
https://bals.space/theater/189/