「第42回日本アカデミー賞」をはじめ数々の映画賞を総なめにした映画『孤狼の血』(2018年)の続編『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)のティザービジュアルが解禁された。前作では広島大学出身の優等生刑事であった松坂桃李演じる日岡秀一が、タバコをくわえ、ワイルドで鬼気迫る風貌に激変。一体何があったのか?

【写真】前作の日岡(松坂桃李)と大上(役所広司)

 本作舞台は前作から3年後。広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく…。原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとなる。

 「こいつは刑事か、死神か?」というコピーも印象的。そして、「その先に、『最悪』がいる。」とともに、サングラスに映る“悪魔の男”・上林(鈴木亮平)が何気に存在感たっぷり。

 松坂本人としても、『蜜蜂と遠雷』(19年)や『あの頃。』(21年)など、これまでの出演作のイメージを一気に覆してくれそうだ。