シンガー・ソングライターの米津玄師が、女優・北川景子主演のTBS系ドラマ『リコカツ』(4月スタート 毎週金曜 後10:00)のために書き下ろした主題歌「Pale Blue」を担当すると25日、発表された。

【写真】『リコカツ』北川景子&永山瑛太、“ラブラブな”ウエディングショット

 米津が今回手掛けるのは、自身初となるラブストーリードラマの主題歌。同局では『アンナチュラル』(2018年)、『ノーサイド・ゲーム』(19年)、『MIU404』(20年)に続く4作目の主題歌提供となる。注目の楽曲は、初回放送で解禁される。

 現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。北川と永山瑛太が、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”しながらも、早くも離婚を決意した夫婦の“離婚”からはじまるオリジナルラブストーリーを描く。

米津玄師
「主題歌を担当させて頂きました。『Pale Blue』という曲です。離婚から始まる恋というコンセプトの中で、久しぶりにラブソングを作りました。どういうふうに響いていくのか、今からドラマの放送が楽しみです。よろしくお願いします」