俳優の佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心』シリーズ10周年を記念した特別映像が24日、解禁になった。

【動画】『るろうに剣心』の10年を凝縮した特別映像

 2012年に公開された第1作『るろうに剣心』は、鵜堂刃衛(吉川晃司)や武田観柳(香川照之)たちとの戦い。14年に2部作で公開となった『京都大火編』『伝説の最期編』では、瀬田宗次郎(神木隆之介)や志々雄真実(藤原竜也)との激闘のほか、剣心の師匠・比古清十郎(福山雅治)も登場した。

 そして、原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁とのクライマックスが描かれる『The Final』(4月23日公開)、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』(6月4日公開)の2部作で最終章が描かれる。

 映像は、この日に行われた世界中のファンへの感謝を込めて開催されたオンラインイベントで初お披露目。「このアクションが格好良くなければ、僕は役者を辞めます」という佐藤の役者人生の全てをかけた決意の言葉、そして大友啓史監督の「もっとすごいものを作るっていうことを考え始める」という、常に過去の作品を超えていくという覚悟など、同シリーズへの並々ならぬ想いが込められた名シーンを映している。