お笑いコンビ・かまいたちが湖池屋の“ニューノーマルおやつ”『ハッシュドポテト』(コクうま塩、クリスピーベーコン)と『ポテトと料理』(デミグラスハンバーグ、タルタルフィッシュ)のCMキャラクターに起用され、新テレビCMが27日から放送される。

【動画】かまいたち山内、完璧過ぎる衝撃の仙人ビジュアル

 CMで、山内健司は常識にとらわれないクレージーさを持つ、クレー爺コイケさん役を演じる。クレー爺コイケさんは、濱家隆一らコイケ塾のメンバーに、スナックなのに料理の味がする“ニューノーマルおやつ”が「料理か、スナックか」の2択を問う。スナックと答える塾生が多い中、2人は“湖池屋なのに料理”と固定観念にとらわれない新常識を主張する内容となっている。

 衝撃的なビジュアルとなっているクレー爺コイケさんのメイクは、事前に山内の顔型をとり、本格的な特殊メイク技術を採用することで完成度の高い仙人のような風貌を実現。湖池屋のロゴが入った着物に荒縄の帯を合わせた衣装も特注された。演出では、山内のアドリブや現場で生まれたアイデアが積極的に取り入れらるなど、かまいたちらしい仕上がりとなった。

 撮影では、2台のカメラで全体と山内の表情アップを狙うことに。濱家は「これで決めますんで」と決めながら“一発OK宣言”したが、山内演じるクレー爺コイケさんの表情にこらえきれず笑ってしまいNG。濱家は「俺だけちゃうで。他の人も笑ってるわ」と言い訳したが、その後も山内はアドリブを連発する。濱家は笑いを我慢し続けることになったが「これは耐えられへんわ…」と苦悶の表情を浮かべていた。

■かまいたちコメント

――撮影を終えた感想を。
【濱家】結構インパクトのあるCMになっているので、笑いをこらえるのが大変でした。
【山内】撮影が始まってすぐの時は、一緒に出てくれている人たちも笑いをこらえながら撮っていましたが、徐々に慣れてきて、最後は誰も笑ってなかったのが寂しかったです。
【濱家】最初は本当に笑いをこらえるのが大変やったんですけど、最後の方は「なんで笑ってたんかな」と思うくらい冷静にいけましたね(笑)。

――新テレビCMの見どころは
【濱家】これはもう、山内さんじゃないですか?
【山内】かなり攻め攻めのCMな感じが、めちゃくちゃありました。テレビを見てたら永野芽郁ちゃんが『湖池屋プライドポテト』のCMに出てたから「ギャップがすごいな~、湖池屋さん」って(笑)。クレー爺コイケさんの特殊メイクは すごいクオリティに仕上がっていて、記念に写真を撮りました。

――おやつも“ニューノーマル”に進化しています。“ニューノーマル”な話題があれば教えてください
【濱家】仕事面とかは結構多いですね。今までは劇場に見に来てもらっているお客さんを意識していましたが、コロナ禍でリモートになってからは、遠くに住んでいて来づらい人たちも気軽に配信を見られるようになったので、そのあたりはだいぶ“ニューノーマル”になりました
【山内】僕は本を出したんですけど…。あ、これは告知じゃないですよ(笑)。そういう出版関係の仕事をしていなかったので、これは“ニューノーマル”ですね~。告知じゃないですよ(笑)。