モデルとしてデビュー後、2017年放送の連続ドラマ「コウノドリ」(TBS系)にレギュラー出演し、俳優業の扉を開いた宮沢氷魚。映画『his』(2020年公開)では、一人の男性に恋心を抱いてしまった青年・井川迅を繊細に演じ、第45回報知映画賞新人賞をはじめ、数々の映画賞を受賞した。その後も、テレビドラマや映画、舞台と精力的に芝居を続け、飛ぶ鳥を落とす勢いの宮沢だが「絶対勘違いしてはいけない」と気を引き締める。

【写真】俳優業の現在地、今後の抱負を語った宮沢氷魚

 最新作映画『騙し絵の牙』では、大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市、木村佳乃、國村隼ら豪華キャストが出演するなか、塩田武士の原作小説には登場しないオリジナルキャラクターである新人作家として出演し、物語に重要な役割を果たす。

 宮沢は「大泉さんをはじめとする俳優さんたちの存在感がすごくて、このお話をいただいたとき『自分で大丈夫かな』と不安があったんです」と正直な胸の内を明かすが、「現場に入ると、皆さん作品に対する熱量がすごいのですが、すごく温かく迎え入れていただけて、思い切りやることができました」と共演者に感謝を述べる。

 宮沢演じる新人作家は、その才能ばかりか美しいルックスで、一瞬にして女性たちを魅了する。「女性にキャーキャー言われる部分は、照れくさかったのですが、モデルのファッションショーのときの視線を思い浮かべながらやっていました」と笑うと、物語のカギを握るミステリアスな立ち位置には「そういう役をいただけることが多かったので、温度感みたいなものは自分のなかで考えて臨みました」と演技プランを明かす。

 メガホンをとったのは『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』、『羊の木』など国内外を問わず高い評価を得ている映像作家の吉田大八監督。宮沢にとって初の吉田組となるが「お芝居に対してはあまり細かい指示はなかったのですが、画面への映り方みたいなところのこだわりがすごかったです」と感想を述べる。

 立ち位置や間の取り方など、ミリ単位での変化によって、作品の見え方が大きく変わる吉田マジックを経験し「指摘していただいたところを映像でみると、僕がいうのもおこがましいのですが、ものすごくハマっているというか、すごいなと感じました。とても勉強になる現場でした」と気づきが多い撮影だったことを明かす。

 俳優デビューから3年。吉田監督をはじめ、今泉力哉監督、英勉監督など、いまをときめく映像作家たちの現場を経験し、自身も各映画賞で新人賞に輝くなど、いま最も注目される若手俳優の一人と言っても過言ではない。

 デビューしたとき、いまの状況は想像していたか尋ねると「良いスタートを切れたら嬉しいなとは思っていましたが、まったく想像していなかったです」と笑う。続けて宮沢は「僕は芸能界に入ったのも20代になってからで、お芝居の経験も同世代の俳優たちと比べて遅かったので、どこかでずっと焦りみたいなものを感じて、正直苦しかったんです」と語る。

 しかし「運よく素敵な作品と、素敵な監督さん、プロデューサーさんと出会えたことで、いまの自分がいるんです。そういう方々のおかげで、いまこうしてお芝居が続けられているんだと思います」と感謝を忘れない。だからこそ「もしかしたら調子に乗ってしまう瞬間がくるかもしれない。でも絶対勘違いだけはしないように、皆さんのおかげなんだという気持ちだけは忘れず、作品に謙虚に取り組んでいきたいです」と強い視線を向ける。

 「長くこの仕事を続けていきたいです」と語った宮沢。誰もが目で追いたくなるような独特な存在感は、宮沢の持つ大きな武器であることは間違いない。しっかりと自身の個性を把握し、謙虚に誠実に作品に向き合う姿勢……そんな逸材をクリエイターたちが放っておくはずがないだろう。(取材・文:磯部正和)

『騙し絵の牙』
2021年3月26日公開
監督:吉田大八
脚本:楠野一郎、吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA 刊)
出演:大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ/斎藤工、中村倫也、佐野史郎、リリー・フランキー、塚本晋也/國村隼國村隼、木村佳乃、小林聡美、佐藤浩市

大手出版社「薫風社」に激震走る! かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌『トリニティ』の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる……が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!
嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!? 宮沢氷魚は新人小説家役で出演する。