EXILEのパフォーマーとして活躍する松本利夫(45)が24日、東京・品川プリンスホテル クラブeXで行われたミュージカル『INTERVIEW~お願い、誰か僕を助けて~』の公開ゲネプロ後の取材会に参加。“ほぼ初歌唱”について自虐的に語った。

【動画】ミュージカルで“ほぼ初歌唱”の歌声を披露した松本利夫

 松本は「2チームいる。内容は一緒なんですけど画が違う。参考になるかなとか、影響されちゃうかなとかあったけど、参考も影響もなかったです。これはプラスな意味で。違うものなんだなという解釈でした」と明かす。もともとパフォーマーで「ほぼほぼ初めての歌唱もありますが、自分ができることを精一杯、最後まで頑張ります」と意気込んだ。

 また、質疑応答では、歌についての質問が。松本は「歌唱はボイトレの先生についてもらって何度かやらせていただいた」と特訓したそう。「ボイトレは日ごろ、練習したものを調整する感じ。常に歌と音楽をずっと流していました」と音楽と共に日々の生活を心がけたという。

 それでも「ミュージカルの歌はポップスも歌ったこともない僕が歌うときに非常に難しくて…。メロディが入っていなくて、メロディアスな感じでリズムが刻めなくて難しかった」と苦難の連続だったと語る。「音符を覚えるところから入った。いまだに自信がない。まだまだ、これからという感じ。難しいながらも、せりふを曲に乗せているイメージでやらせてもらっている。歌がうまくなくても伝わればいいな」と呼びかけた。

 また、今後の歌の活動について問われると「『もう2度とやるか!』と思うぐらい本当に苦労してます」と自虐しつつ、「ネガティブなことではない。この苦労は学んでいるときに必ずあるもの。これがあるから、むしろ楽しい。乗り越えて千秋楽になったときに『やってよかった』となる。お芝居を1番、初めにしたときもそうだった。『もう、やるか』と思ったけど、そこからのめり込んで10年以上、お芝居をやらせてもらっている」と心境の変遷を振り返る。「苦労したくないと思いつつ、歌ももしかしたらやりたいかもしれない。実際、楽しいです。苦労が楽しいんでしょうね」と自己分析していた。

 2016年に初演された韓国の人気ミュージカルで、初の日本人キャストによる日本版。10年前の殺人事件の真犯人を探す2人の男の「インタビュー」にまつわる物語で、松本は神経学博士のユジン・キムを丘山晴己とダブルキャストで演じる。

 取材会には、糸川耀士郎、伊波杏樹、小野塚勇人、山口乃々華も参加した。