横浜DeNAベイスターズは23日、取締役会を開催。DeNAベイスターズ代表取締役社長に同球団副社長の木村洋太氏が、4月1日付で就任することを発表した。

【写真】横浜DeNAベイスターズ『誕生10周年』記者会見に出席した三浦大輔監督

 横浜市出身の木村氏は、2012年にベイスターズに入社。同日に行われた就任会見で木村氏は「私は生粋のハマっ子。小さい頃から横浜と野球に育ててもらった。今回、その恩返しの機会をいただいた」と語り、「応援してくださっているファンの皆さま、サポートしていただいているスポンサーの皆さま、そして監督、選手、我々スタッフのみんなが喜べる時代を作りたい」と言葉に力を込めた。

 取締役オーナーの南場智子氏は「最もふさわしい人が社長になった。信頼に応える気持ちがすごく熱い男。自分の良さを伸び伸びと出して発揮してもらえれば何の問題ない」と全幅の信頼を寄せていた。

 また、現代表取締役社長の岡村信悟氏は、4月1日付で代表取締役および取締役を退任する。