日本発の大ヒットゲームシリーズをハリウッドで実写映画化した『映画 モンスターハンター』(3月26日公開)。このほど、巨大モンスターとの壮絶な戦いも一時休戦し、密林に腰を下ろした主人公アルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ/吹替:本田貴子)に、ハンター(トニー・ジャー/吹替:松坂桃李)がモンハンファンにはお馴染みすぎる”肉焼き”シーンが、吹替版で解禁された。言葉の壁を超えた交流に、松坂の”モンハン言語吹替”が炸裂している。

【動画】おなじみ肉焼きシーンを松坂桃李の”吹替”で

 ハンターの吹替を担当した松坂は、無類のゲーム好きで知られ、モンハンヘビーユーザー。主人公の大事なバディとなり、モンハンワールドをもっとも体現するキャラクターであるハンターは、一切日本語を話さない吹替という前代未聞の役であり、収録時には「なんと表現したらよいかわからない不思議な言語のせりふで(笑)、どういうアプローチで、どういう引き出しを開ければ良いのか…。台本読ませていただいたら、一体これはなに語をしゃべっとるんじゃ? トニー・ジャーは何て言っとるんじゃ?(笑)」とギャグのひとつも言いたくなるほど戸惑いを隠せなかったよう。

 しかし、このクリップを観る限り、互いに違う言語を話しながらも意思疎通はバッチリ、文化の違いを超越した2人の絆を感じることができ、いまにも「上手に焼けました~!」と聴こえてきそう。松坂が、ゲームへの愛情と役者魂で見事に演じ切っている。

 先日行われた本作のジャパンプレミアムトークショーでも松坂は「大変でしたが映像のクオリティが高くてアフレコをしながら楽しんでしまいました。吹替版の音響監督とも、トニーの顔を見ながら言葉の意味について『こうじゃないか?』と予想をしながら演じました。映像のクオリティが本当に感動します。監督のモンハン愛が伝わってくるのがよかった! 双剣とか、武器の種類とか、モンスターの種類などモンハンファンがみたら『あー!』となるポイントがあります!」と達成感をにじませていた。