音楽プロデューサー・亀田誠治氏が実行委員長を務める『日比谷音楽祭2021』が、5月29・30日の2日間にわたって東京・日比谷公園と周辺施設で2年ぶりに開催されることが決まり、DREAMS COME TRUEやMr.Childrenの桜井和寿ら出演アーティストが発表された。

【写真】ドリカム、櫻井和寿ら出演アーティスト個別フォト

 日比谷公園を拠点とする同イベントは、入場・参加料が無料。「フリーで誰もが参加できるボーダーレスな音楽祭」として2019年に初開催された。2020年はコロナ禍で開催を中止したものの、YouTube生配信と連動したラジオ特別番組『日比谷音楽祭 ON RADIO/ONLINE』を実施。出演予定だった豪華アーティストたちがリモートで出演してセッションを行ったほか、中止によって仕事を失ったスタッフへのサポートを呼びかけるクラウドファンディングも行われた。

 そして今年は、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底しつつ、日比谷公園で開催。初年度に続き、KREVA、新妻聖子、11歳のドラマーYOYOKAが出演し、昨年出演が発表されていたDREAMS COME TRUE、桜井和寿、MIYAVI、三味線演奏家の上妻宏光に加え、初登場となるLittle Glee Monster、ギタリスト・山岸竜之介と、親子孫3世代で楽しめるラインナップとなった。

 DREAMS COME TRUEは「日比谷音楽祭を通して音楽の楽しさや喜びを届けるべく、『何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ』」とコメント。「この状況だからこそのバンド編成も発明しました。ドリカムの新たなチャレンジと共に日比谷公園で、ネットを通じて、皆様にお会いできることを心から楽しみにしています」と呼びかけ。桜井和寿は「東京を代表するこのフェス 日本を代表するこのイベント なんとしてもやりたい。皆さんとライブがしたいです。頼む!!」と願っている。

 日比谷公園大音楽堂「YAON」ステージのみ、事前応募抽選による無料チケットが必要。詳細は4月下旬頃に発表予定となっている。また、2日間ともオンライン生配信も行われる。出演アーティストは今後も決まり次第、発表される。

■実行委員長・亀田誠治氏メッセージ
みなさん嬉しいお知らせです。「日比谷音楽祭2021」の開催が決まりました。多くのライブやコンサートが止まってしまう状況が続いたこの一年、僕たちはコロナ禍という未曾有の時代に「日比谷音楽祭」ができることは何かを考えながら丁寧に準備を進めてきました。

そして「日比谷音楽祭2021」は、ステージに立つアーティストと、それを楽しむお客さん誰もが屈託なくライブを楽しめるように、コロナ対策を徹底しながら、リアルとオンラインの両方で開催します。

今年も、ジャンルや世代を超える素晴らしいアーティスト達のスペシャルなステージや、ワークショップ、トークショーなどが繰り広げられます。オンラインもあるので、お家から、日本中のどこからでも、誰もが無料で「日比谷音楽祭」でしか味わえないさまざまなワクワク音楽体験ができます。

日比谷音楽祭は、都心の緑あふれる日比谷公園で「フリーでボーダーレス、親子孫三世代誰もが楽しめる野外音楽フェスティバル」として2019年に生まれました。そして今、コロナ禍という不確かで難しい時代に僕たちは向き合っています。そんな時、人々の心をなだらかに繋ぎ、癒し、笑顔と元気を与えてくれるのは音楽のチカラだと信じています。

そんな音楽というかけがえのない文化を応援しようという、たくさんの尊い「思い」がこの「日比谷音楽祭」でつながって、力強い循環となり、やさしさにあふれた豊かな社会と未来の音楽文化を育んでいくことを心から願っています。

参加アーティストにとっても、待ち望んだ青空の下でのライブになります。さあ、みなさん今こそ音楽でつながりましょう。

■出演アーティストコメント(50音順)
▽上妻宏光
コンサートを行うため、今までに様々な国へ行ってきましたが、休日に公園やホールを解放してフリーで一流演奏家の音を聞くことができる環境を知り感動した思い出があります。「日比谷音楽祭」はまさに「フリー」で素晴らしいアーティストの音を生で体感できるのです。
このような素晴らしい音楽祭がこの日本で開催されることを嬉しく思います。そして声をかけて頂いた亀田さん、ありがとう!

▽KREVA
一昨年の第一回、そして中止になってしまいましたが昨年、そして今回と連続でお声がけ頂けて誠に光栄です。どんな状況になったとしてもしっかり音を届けたいと思います!

▽桜井和寿
東京を代表するこのフェス
日本を代表するこのイベント
なんとしてもやりたい。
皆さんとライブがしたいです。
頼む!!

▽DREAMS COME TRUE
我々DREAMS COME TRUE、
2021年も、亀田さんはじめ実行委員会の熱い熱い思いに応えるべく、
日比谷音楽祭を通して音楽の楽しさや喜びを届けるべく、
「何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ」
この状況だからこそのバンド編成も発明しました。
ドリカムの新たなチャレンジと共に
日比谷公園で、ネットを通じて、皆様にお会いできることを心から楽しみにしています。

▽新妻聖子
再び、日比谷音楽祭の幕が上がります!
しかも今回は生配信もあるのです!素晴らしい!!
今は会えないあなたにも、愛と音楽をお届けすることができます。
亀田さん本当にありがとう…!
この優しい音楽祭に参加できる幸せを噛み締めて。
たくさんの方と繋がれることを楽しみにしています!

▽MIYAVI
今、音楽をできることに感謝。
そして、その音楽で、聞いてくれる人たちにパワーを与えることが僕たちの使命です。
楽しみましょう。
こちらも精一杯、楽しみます!!!!

▽山岸竜之介
ある日、亀田さんから 突然お誘いの連絡を頂き 嬉しくて飛び上がった日を覚えています。
「音楽は世代を超え 心で繋がれる」
ライブ当日を、心から楽しみにしています!

▽YOYOKA
大好きな日比谷音楽祭にまた出演できてとても嬉しいです!
昨年中止になった分も、皆さんに楽しんでいただけるように私も楽しみます!

▽Little Glee Monster
素敵なイベントにお誘いいただき光栄です!
コロナ禍で音楽イベントは思うようにいかない日々が続いていますが、この「日比谷音楽祭」というフリーを提示していらっしゃる音楽イベントを通じて、みなさんに自由に、そして音楽の力を存分に楽しんでもらえるよう、私たちも精一杯がんばります!

■The Music Park Orchestra(日比谷音楽祭スペシャルバンド)
亀田誠治(ベース)
河村“カースケ”智康(ドラム)
西川進(ギター)
斎藤有太(キーボード)
皆川真人(キーボード)
四家卯大(チェロ)
田島朗子(ヴァイオリン)
山本拓夫(サックス)
西村浩二(トランペット)
小田原 ODY 友洋(コーラス)