俳優・歌手の山下智久(35)が、きょう1日より公開されるジンズのサングラス新ブランド『JINS&SUN』のウェブCMに出演する。

【動画】”自由に&新しく”サングラスを身にまとう山下智久

 同社は、かける人もシーンも選ばない、自由で新しいサングラスを提案するべく“EVERYDAY EYE WEAR”をコンセプトに、新サングラスブランド『JINS&SUN』を同日に立ち上げる。今シーズンは世界的に活躍するファッションデザイナー・NIGO氏を監修に迎え、7カテゴリ全41型129種を展開。自由で新しいそれぞれのライフスタイルに合わせたサングラスを提案する。

 ブランド立ち上げに合わせて制作したCMには、ブランドコンセプトの体現者として、日本のみならず世界を舞台に活躍の場を広げている山下を起用。CMでは新ブランドの立ち上げを、新たな目標に向かって挑戦、前進する山下とリンクさせ、太陽光によって光と影を象徴的に表現した演出で、ブランドの世界観を描いている。

 ウェブCMは、月曜日から日曜日までの「1Week」における、山下の日常を切り取ったようストーリー仕立てになっている。サングラスが身近にある“あたらしい、あたりまえ”を、さまざまなシーンで変幻自在に自分を表現する山下の多様性とともに展開する。

 まずは、無機質な空間に座る山下のシルエットからスタートする。シルエットに映像が寄ると、顔に光が差し、慣れた様子でサングラスをかける山下。音楽とともに「MON」と映し出され、ジャケットを着て始まったアクティブな日々。山下の日常を描いたシーンに必ずあるのはサングラス。「当たり前の毎日を変えていきたい」というメッセージの後、光と影の中を歩き、振り返った山下の表情は自信に満ちあふれている。サングラスがある日常があらゆる人の毎日を豊かにしていく、そんなブランドの世界観を山下の表情で描いた映像となっている。また、CMの公開に合わせ、YouTubeにてメイキング映像も公開予定。

■山下智久インタビュー

――CM撮影を終えた感想をお聞かせください。
サングラスと洋服のコーディネートで、1週間を通してさまざまな場面を切り取っていくという撮影のスタイルだったんですけど、雲ひとつない晴天に恵まれて、実際には2日間の撮影でしたが、本当に1週間過ごしたかのように感じました。

――撮影で一番印象に残ったことを教えてください。
久しぶりに自分で車を運転して、天気もよかったですし海沿いを走ったのが気持ちよくて、それがすごく印象に残っています。

――普段はどんなサングラスをかけていますか?
サングラスは、旅に行くたびに現地で購入するというのをずっと続けていまして、すごい数のサングラスを持っていますが、レギュラーメンバーは5人(本)ぐらいです。その5本を場面に合わせて使い分けています。

――サングラスに関するエピソードがあれば教えてください。
10代の時に元イングランド代表のデビッド・ベッカムさんとスペインでお会いする機会があり、その時ベッカムさんがかけていたサングラスが強烈にかっこよくて、そのままお店に直行して、ベッカムさんがかけていたのと同じモデルのサングラスを買いました(笑)。

――『JINS&SUN』に対しての印象はいかがですか?
とてもコレクション心をくすぐられます。これだけ豊富なデザインがあるのも珍しいですし、絶対にそれぞれの人にフィットするデザインや形や色があるので、選ぶのが楽しいと思います。買いやすい価格設定で、毎日のファッションに合わせて変えられる、最高なプロジェクトだと思います。