オリエンタルランドは22日、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの、今後のパーク運営時間について、4月1日より東京ディズニーランドを午前9時~午後8時、東京ディズニーシーを午前9時~午後9時にすることを発表した。

【写真一覧】ディズニーの新たな運営方法…アトラクション、キャラクターなど

 東京ディズニーランドの現在のパーク運営時間は、午前10時~午後7時。東京ディズニーシーは、午前10時~午後7時。4月1日からは、東京ディズニーランドが午前9時~午後8時、東京ディズニーシーが午前9時~午後9時となる。なお、ゲスト退園後の公共交通機関の混雑を回避するため「両パークで異なる閉園時間といたします」としている。

 また、公共交通機関の混雑を回避するため、一時的に東京ディズニーランド・パーキングおよび東京ディズニーシー・パーキングの普通乗用車の駐車料金の変更も発表。4月1日~4月18日まで、駐車料金は1000円(税込み)とし、大型車・二輪車については、駐車料金の変更はなし。

 東京ディズニーランドで開催を延期していた『ハッピーフェア・ウィズ・ベイマックス』は、4月5日から開催。詳細は、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトで報告する。

 抽選入園については、現在実施している、一部未使用チケットを対象にしたパーク入園の事前抽選は継続。なお、2021年4月応募分から、払い戻しの対象ではないチケット(再来園パスポート、株主用パスポート、スポンサーパスポート)は「一定の条件を満たす場合、必ず当選いたしますのでご応募ください。抽選のスケジュール、条件、各チケットの有効期限等の詳細については東京ディズ ニーリゾート・オフィシャルウェブサイトでお知らせいたします」と伝えている。