俳優の板垣李光人が21日、自身のツイッターを更新。昨年12月18日に公開された映画『約束のネバーランド』で演じたノーマンが、きょう誕生日であることから、“ノーマン・板垣李光人”の写真を投稿し、祝福した。

【写真】初の全頭ブリーチ“金髪姿” を披露した板垣李光人

 ファンからは「ノーマンのおかげでりひとくんに会えたのでノーマンには感謝しかありません!」「リアルノーマンすぎて」「李光人くんのノーマンほんとに美しすぎます」「またノーマン李光人くん見れてうれしいです!」「あまりにも綺麗すぎて開いた口が塞がりません……!」など多くの反響が寄せられている。

 同作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載していた同名漫画が原作で、孤児院で平穏に暮らす少年少女たちが、孤児院が自分たちのことを「『鬼』の食用として育てている」という秘密を知り、脱獄を計画するファンタジー。主人公のエマを中心に、孤児院で育てられた子どもたちが過酷な運命に抗いながらも希望に向かっていくストーリーや、読み応えのある心理戦などのサスペンス要素や迫力のあるアクションシーンが人気を集めている。

 実写映画では、浜辺美波が主人公・エマ、クールな少年・レイを城桧吏、理性的でリーダー格のノーマンを板垣が演じた。また、孤児院「グレイス=フィールド」で理想的なママを務めながら、裏で鬼の手下として暗躍するイザベラを北川景子、イザベラの手下で、シスターながらに下克上を狙うクローネを渡辺直美が担当している。