20日午後6時9分ごろ、宮城県沖を震源とする地震があり、最大震度5強を観測したことを受け、この日、午後6時半開演予定だったミュージカル『「刀剣乱舞」―東京心覚―』(略、刀ミュ)宮城公演(多賀城市民会館大ホール)初日が、急きょ中止になった。

【現場写真】ミュージカル『刀剣乱舞』が行われる予定だった宮城会場

 公式ツイッターでは「宮城県の大規模地震発生の影響により本日18:30公演につきましては安全確認が取れないため、止むを得ず公演を中止といたします」と説明。「当公演のチケット払い戻しにつきましては後日公式サイトにてお知らせいたします。明日以降の公演に関しましては改めてご案内いたします」「宮城公演中止アナウンスの後、拍手が上がった。安全確認ありがとうスタッフさん」と伝えた。

 ネット上では現場の様子を伝えるファンの声もあり「今、舞台上を掃除しながらセットに異常がないか点検してる。無理しなくていい、安全が確認できないなら中止でいい。キャストの皆さん、スタッフの皆さんが安全ならそれで良い」「中止が発表されました。客は荒れることなく拍手が起きました。残念ではありますが、審神者のこういう温かい気持ちが次につながると思います」などと報告。

 出演者、スタッフ、観客の安全を優先した決断に「刀ミュ中止のアナウンスの後、拍手がおこったのか…凄いなぁ 悔しいだろうに…」「中止となっても拍手を送れる見に行った方々(審神者方)すごい。だって悔しい気持ちと悲しい気持ちとかすごいはずだし色々叫びたくなるなるはずだけど、それでも拍手を送る。本当に素敵」「刀ミュ中止になっても現地で拍手を贈った審神者たちはすごいな。そんな事があったら泣いてしまう」「刀ミュ中止になったの辛いけど、安全一番を考えてくれた劇場スタッフさんと、責めることなく拍手送った審神者様達に涙出そう。素晴らしいジャンルに身を置かせていただいてるな」などと称賛の声が出ている。

 同ミュージカルの 宮城公演は20~25日まで予定されている。