お笑いコンビ・ラランドのサーヤがパーソナリティーを務める、文化放送の新番組『ラランド・サーヤの虎視舌舌(コシタンタン)』(毎週金曜 後9:00)が、4月2日よりスタートする。

【写真】かが屋・賀屋と水族館員を演じたサーヤ

 新番組では「ドキュメントバラエティー番組で、できることはすべてやります! ドキュメントバラエティーをアップデートし続ける“令和の元気が出るラジオ”」をコンセプトに番組を展開。「電車で読んでいたら恥ずかしい本の境界線は!?」「第1回小学生によるスベらない話大会!」「数学科を出た人の人生が知りたい!」「食料を一切持たずにサバイバルキャンプしてみた!」など、クスッと笑えるようなテーマを毎週設け、サーヤがリスナーとともに、聴くだけで元気の出るラジオを届けていく。

 レギュラーコーナーとして、サーヤだからできる「受験」「就職」などを中心とする「悩み相談コーナー」、架空の芸人のゴシップを投稿し妄想しながら話す「週刊サーヤ砲(仮)」のような「ネタコーナー」、サーヤが愛してやまないもののひとつである“都市伝説”を話す「都市伝説コーナー」など、さまざまなコーナー展開も予定している。

 番組は音声コミュニティアプリ『ピカピカ』でも同時生配信を実施。『ピカピカ』内でも番組公式アカウントが開設され、リスナーだけでなく、『ピカピカ』アプリユーザーともコミュニケーションを図りながら番組を盛り上げていく。